神居古潭のブレスレット

発売情報

先日、渋谷パルコに行きましたら「イランカラプテ」という
アイヌ文化を発信するイベントが開催されていました。
(この言葉を「アロハ」や「インラケチ」みたいにシンボルとしたいそうです)
アイヌ独特の紋様が、さまざまなモチーフとなって展示されていました。
簡単なアンケートに答えて、エコバッグをいただきました。
ありがとうございます!
それにしても木彫品はすごかったですわ。。。
さてさて、アイヌの人々が聖地と尊ぶ大地からの石が届きました。
実際はどうも荒神様の側の自然といいますか、
通り抜けるのに自然環境が厳しい土地で、聖地とされたようです。
 
どうなんだろうな~そんな自然が石を分けてくれるのか~と
思ったりもしましたが、
もともと、その黒くツヤやかな表情が、庭園作りなどで喜ばれる石だそうで、
そう思えば、なるほどそんな風に見えてきます。
私個人として触れてみた印象では、黒系の石の持つ
グラウディングの石だと思いました。
気圧の変化でフラフラになっている時に良かったです。
トルマリンやヘマタイトだと、ちょっとエネルギーのトンガリを感じて
腕につけていられない人に、やっと身に着けることのできる
グラウディング石をお届けできる、と思いました。
私の感覚については話さず、
加勢先生にも石について聞いてみましたが、
裏付けるようなコメントをいただきました。
自分の感覚も間違ってなくて、ほっとしましたけど(笑)
仕上がり次第の販売開始です。
できれば今日の夜中までに!と思っています。
ずっと更新がないと思っていたら、急ですみません。
4月か5月あたりまでは、こんなペースになるかもですが、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

関連記事一覧