パイロット・キャップレス 万年筆、ペン先はFかMか

文具

以前、キャップレスのペン先をEFにするかFにするかという記事を書きました。

しかしM字を使ってみたら虜になってしまった時期があります。そのことについて書いてみようかと思います。

私が万年筆を使う環境

私の手書きの環境は下記のとおりです。

・主に手帳に使用、スケッチ以外の筆記もほぼすべて万年筆
・手帳は「ほぼ日手帳」、サブノートも「ほぼ日のノート」

つまりトモエリバーが大好きなんですね。

EFとF、どっちも「いい!」と思う時期や、それぞれの使い勝手がありましたが、頻度でいえばEFの出番はなくなりました。そして、Fの出番も激減しました。メインとして使っているのは「M」に!
これに大好きなペリカンBBをつめて書くと、ちょうど良い太さと、美しい濃淡が楽しめるのです。いやもう濃淡、ほんと濃淡。
万年筆愛好家の方は、太字を選ばれる傾向があるみたいですね。やっぱりインクの色みが、楽しめますしね。

手帳にメモするには若干大きめの文字になりますが、ちょっとスケッチしたいとか、ざざっと書きたいというときにも、たっぷりインクでわーっと書くのが、気持ちよいです。

固体差なのか、すべてのMがそうなのかわかりませんが、先端に球体の感覚が強くて、ペン先の、どこで書いてるんだろう?という感じ。
うまいこと紙に設置させない、書けなくなるように感じます。はじめのうちは書きにくかったです。今でも人に渡すと「インク出ない!何これ!?(怒)」ってなります。
ペン先調整したほうがいいのかもしれない・・・慣れちゃって問題は感じてないけど・・・

ペン先調整で結構書き味は変わる

実はペン先調整したことがなくて、つい最近、はじめて経験しました。あんなに変わるとは、びっくりです!!自由自在
またまた新しいキャップレスを購入しまして「Fで金色のペン先は持ってないな」というだけの理由で、ペン先はFにしました。
購入したお店はとても親切なお店で、ペン先調整をしてくださるとのこと。具合がわからないので、おまかせで調整していただいたところ、Mに負けないヌラヌラに!でもFらしく、「ペン先はここ!」っていうかりっとピンポイントさは残ってる!
すごい!!!!しかも

「インクが出すぎと感じたら、また持って来てください。しめますから」

ですって。
おお・・・・出ないようにもできるのね・・・噂には聞いてたけどね・・・

FとM、紙とインクにもよる使い勝手

というわけで、またFのペン先をメインに使用しています。
でも、でも、やっぱりMの方が好きかなー。MにペリカンBBの組合せが、やっぱり私には美しいです。
ただひとつ、私の持っているM字はもともと書きにくい上に、トモエリバー以外の紙だと、断然書きにくい。とくにMD用紙とか上質紙とか、表面がざらっとした系の紙です。

ということで、「キャップレス充」な時間を過ごしつつ しれっとカエデをゲットしました。これが前述の「金色ペン先F」のものです。

<追記 2016-5-19>
凝りもせず新たなMニブを迎えました。
それが、、、すんごいフローが良い!!Bなの!?っていうくらい。「断然Mだね!」神話が崩れつつあります。。。。
ほんと、万年筆は固体差がありますね。トモエリバーだと太すぎて、MDノートだとぴったりなMニブさんでした。

インクのこと

<追記 2016-5-30>
上記太すぎるMニブ、トモエリバー+下記インクで、ぴったりの書き心地になりました。

・ローラー&クライナー「サリックス」
・プラチナ「ブルーブラック」

つまりは古典インクといわれるものですが、ペリカンBBだと淡すぎて、文字がボケボケで読みづらいのです。
色の濃さのある古典インクが、フローも書いた後の感じも、好みでした。ホント、色々試したよ。。。

<追記 2016-6-7>
なんかいろんなサイトやブログで見かけるペリカンのBBとうちのBBは色が違いすぎる??と思って、まだまだインクは残っているけど、新しいボトルを買ってみました。

・・・青い
どういうことなの・・・

<追記 2018-9-13>
キャップレスに古典を入れていたら、蓋のかわりをしている機構の方に不具合が発生しそうな予感がしてきましたので、先達のアドバイスも受け、キャップレスには純正インクを使用することに落ち着きました。諦めました。パイロットの色彩雫に好きな色があればいいんですけど、それを探し始めると純正BBに戻ってしまいます。
うーん。。。不満ではありますが、まぁ、よしとしますー。

桑坂 碧

21,094 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧