ゼコデソーザとモンドクォーツのワーク

石の話

先日こちらに記事を投稿しましたゼコデソーザ水晶を使ったワーク法について、塩原さんから「ぜひサイトでもシェアしてください」とGoサインをいただきましたので、ご紹介したいと思います。
今回のこのワークはアースラブ・ワークスの塩原さん考案のワークになります。

実際にやってみた

実際にやってみたら、その時頭から離れなかったことが気にならなくなり、とても軽い、清々しい気持ちになりました。その後また気になり始めたので、数日間続けてやりました。今ではその問題も、次の段階にシフトアップして、よりよい状態を模索できるようになってきています。
私自身はクリスタルヒーリングの技法については、ハワイのカウアイ島にあるカトリーナ・ラファエルさんのスクールで学びました。以後、いろいろと水晶を使ってはきましたが、基本的に体調不良や滞りをなくすこと「気」に対しての作用を中心に使っていて、意識、エーテル体的な部分に働きかけることができた実感を久しぶりに味わいました。自分がそういう使い方を忘れていたことにも、ちょっとびっくりしました(笑)。

ワーク法のご紹介


それでは、クリスタルを使ってのワーク法です。

太陽神経叢チャクラにゼコデソーザ水晶を置き、鼻呼吸と平行して(循環する呼吸が良いとのことで、私は練気呼吸をしています)、ゼコのエネルギー場を通して太陽神経叢チャクラに呼吸とともに太陽の光を取り込みます。
そうすることで、オーラに蓄積されている不要なエネルギーを浄化し創造の源へ還すことができます。

更にハートチャクラにモンドクオーツも加えると、太陽神経叢チャクラから取り込んだ太陽のエネルギーを七色に分光し、各色に象徴されるエネルギーをオーラの必要な領域へと分配・適用することができます。

※イメージするのに問題がなければ「太陽」=「グレートセントラルサン」のイメージで行うとより効果的です。

なるほどスッキリしたのは、不要なエネルギーだったのね。。。

手にされましたら、もしくは既にお持ちでしたら、ぜひ試していただけましたらと思います。
モンドクォーツもいくつか仕入れましたので、またご紹介いたしますね(この記事の画像のモンドクォーツも、販売予定のものです)。

桑坂 碧

159,615 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧