2023イヤーコンパス・シェアリング、昨年内に開催してました。

イヤーコンパス

毎年、新年が明けて1月末に開催していたイヤーコンパス・シェアリングを、新しい試みとして2022年のうちに、11月の終わりに開催いたしました。
12月、1月と多忙すぎて支障が出たなと昨年末に大反省しまして、予定を分散させてみました。結果、昨年のような精神崩壊(何が何だか、手負いの獣状態でした笑)はしなかったものの、「忙しさが前倒しにきて、ロングランになった」という感じでした笑。
参加者からは「年内に振り返ることができるほうが良い」というご感想が多かったです。

おまけは「大人の鉛筆」

今回のおまけは「大人の鉛筆」です。
文具店においてあることも多い商品なので、参加者の中にもご存知の方は多かったです。中には「夫のお気に入り文具がセレクトされていて、嬉しかった!」というお言葉もいただきました。旦那さん、ナイスです。
鉛筆やシャーペンを使う機会は減っていると思いますが、使い始めるととても便利です。クラッチペンシルの愛用者なのですが、これは芯がストーンと落ちることはないので、本当によく出来ています。
海外の絵を描く方の中にも愛用者が多いアイテムです。日本の文具って、本当に世界から愛されています。いつでもこれらが購入できるなんて、贅沢な環境だなと思います。

北星鉛筆という会社で作られていますが、もともとは月星鉛筆という名前だったそうです。
上の画像をツイッターに上げたところ、北星鉛筆の方にコメントにて教えていただきました。鉛筆好きなので嬉しかったです。

この大人の鉛筆は漆塗りや和柄、消しゴムやタッチペン付など、いくつかの種類が出ていますし、他社とのコラボ商品もあります。
私は短めが好きで、消しゴム付きの三角柱のものに真鍮パーツを合わせたものをメインで使っています。

いただきましたご感想と改善点など

毎年ながらアンケート回答率が高いです。感謝申し上げます。
いただきましたご意見を受けとめまして、さらによいシェアリングにできればと思います。
皆様からいただきましたお声の中で、掲載許可をいただいておりますものをご紹介いたします。

参加者のお声:イベントで得られたこと

大した動きがない1年だと思っていたら、意外と動いていたことが分かった。

一年を落ち着いて見返す時間がとれるのでまた違った視点で自分を捉え直すことができました

何にもないと思っていても、皆さんのシェアから気付きがあったり思い出すことがあったりで、それが楽しいです。 大人の時間だなぁと思いました。
年々、自分の中の不純物が取り除かれてスッキリしていく様な気がします。

・他の参加者と記入内容をシェアしたことで新しい発見があった。また11月に入り、疲れも出てきていたが前向きなお話ができて、2023年を大きな夢をもって迎えるモチベーションにも繋がった。
・記入した内容を皆さんにお伝えしてご意見いただけたり、毎日何気なく継続していたことを参考にしていただけたのが嬉しかった。

人生を俯瞰、修正、楽しみにできました。

過去を振り返ったり計画する事が苦手です。今年は大きな転換期だったのでこのイベントに申し込んでみました。
イヤーコンパスの内容がゆるめの感じがちょうど良かったと感じています。

3回目の参加をして、前のものを確認していくと、2年前の目標が叶っていたりしたので、それも「叶った」という実感につながり、とても自信がわきます!楽しいです!
イベントでも無い限り、自分でこんなに自分に時間を作らない(いや、作っても睡眠に使ったりしてしまうので)、イベントに参加して「書く」ことが私にとってとても大切な時間になっています!

参加できて良かった。自分の変化を読み取ることができた。

コロナも3年目、変化が激しかった人と、何もなかった気がするという人に分かれましたが、どちらも整理整頓ができたようで何よりです。
これをまた、残しておくと数年経って見返した時に面白いのです。

参加者のお声:改善要望など

休憩が2回だとありがたいです

改善ではありませんが、今回のように、皆さんのご褒美や考えのシェアをたくさん聞きたいと思いました。

・とても参考になったので参加者同士でシェアする時間がもう少しあるとよいと思った。
・講師の先生や複数回参加している受講生がイヤーコンパスを毎年使ったことで、どんな変化があったのかや、効果的な書き方、振り返り方などもっと知りたい。

今回、年内に行いましたが、とても良かったです。

(十分にされているかとは思いますが)初参加者へのフォロー。初参加だとついていくだけで精一杯だろうし、結構しんどいと思うので。

今年は具体的なご要望をいただきました。
慣れた人が増えてきましたので、初回の方フォローはもっと心がけますね!反省です。

たしかに、ここまで回数を重ねてきましたから、変化の詳細も聞きたいですよね。
私はずっとイヤーコンパスに書いていた「絵を描く」を一昨年に始め、昨年は「野外スケッチする」が習慣になるところまでこれました。これは本当にびっくりです。
数年前からイヤーコンパスのブックレットに書き続けていた「叶えたいこと」で、どうにもならないかなと思っていましたが、一昨年から動き出して、今は本当に楽しいです。

まさかのイーゼルまで買いました笑

2023年のパワーワードも「本当に欲しいのは何?」


参りました。。。昨年度と同じカードを引いたんですよ。。。こんなことがあるんですね。
ずっとこれを問いかけ続けていました。とくに2022年の前半はずっと唱えていたように思います。

後半はわりと欲しいものにちゃんと手を出せるようになっていて、この言葉のエネルギーも習慣化したかな、と思っていましたが。また引くとは。
引き続き、自分が本当に欲しいものはなんなのか、問いかけつつ進んでゆきたいと思います。
もっともっと、やれるってことなんだろうなぁ。。。

イヤーコンパスのテキストは無料でダウンロードできます

私が開催した際に配布したものは、私のこだわりで製作しています。
紙を良いものにしたり、そのために罫線の太さや色を変えたり、表記が揺れているところを整えたりしています。
しかしそこまでしなくても十分なテキストが、公式サイトからダウンロードできますので、ぜひやってみてください。

(1)の言語を日本語で選択(今年も間違ってます、韓国語を選択すると日本語テキストになることがありますので、お試しください)
(2)は紙にプリントアウトするか(Standard)、iPadなどデジタルにPDFを取り込んで行うか(Digital)の選択です。
(3)でサイズを選択します。私はA5を選択し、A4サイズの紙に両面印刷して綴じています。

YearCompass テキストダウンロードサイト

ぜひ、次回ご一緒できるようでしたらそのテキストも持って、ご参加ください。
去年の分があると、ますます面白くなります。

そしてこの一年を過ごす間に新たな希望や願望・目標などが出てきましたら、どんどん書き加えていって、あなただけの一冊にしてください。
私も度々、見返してブラッシュアップしようと思います。

 

桑坂 碧

460,808 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧