桜アゲートリング、竹と猫がかわいい

発売情報

先日販売した桜アゲートバングルと同じお店から仕入れた、リングです。竹と猫デザインがございます。

竹リングになぜ惹かれたか

そもそもは「◯◯柄」といったようなモチーフのあるものよりも、シンプルな幾何学に近いものが好きなんですが、これはあまり主張しすぎていなかったり、彫りがシンプルだったりして桜アゲートによく合っているなと好印象でした。
つるんとした輪っかのもの、バームクーヘンみたいな形状(角がある輪)も見たのですが、それらよりもこちらのほうがかわいく感じ、選びました。模様系の石だからかもしれないですね。

竹は一見「竹か?」と思うのですが、一箇所葉っぱが彫られています。そんなに目立たないです。

あとはぐるっと溝が彫られて、溝と溝の中間がすこしふっくらしています。そしてその節は均等に六ヶ所あり、きれいに六分割されています。

何気にこういうところに惹かれたりしますよね。適当に模様がつけてあるのではなくて、調和がとれています。
隠れて6の意味(対極の調和、六芒星)をもたせるのもいいかなと思いますし、そもそもそれを感じるかも、とも思いました。

中国ではは好まれるモチーフです。
梅、蘭、竹、菊の4種は「四君子」と呼ばれて愛されています。気品があり美しい特徴から「君子(徳が高く品位ある人、人格者)」に例えられています。
竹の持つ品格は、まっすぐさ、素直さ、純粋で正直なところという日本で言う「竹を割った性格」が表すような性質と、竹の持つ強靭さ、しなやかで謙虚な精神性の象徴とされています。
また、すくすく伸び広がる様から子孫繁栄を表す縁起物でもあります。

猫リングはただただかわいい

デザインに伝統を感じないので猫は縁起物で作られたというよりは、かわいいから作ったのだろうなと思います。(とはいえ、仕入れ元のお姉さんは「竹かわいい~!」と猫と竹のかわいさが同じテンションでしたけど)
指にちょこんと猫がのるスタイルがよいです。桜模様が猫のぶちにも見えますしね。百聞は一見にしかずな、かわいいリングです。

バングルと合わせるなら

6番は今もオンラインショップにございますが、以前販売したものにも合うだろうリングの組み合わせを撮ってありましたので、掲載してみます。組み合わせって考えたり見るだけでも面白いです。
まだリングの商品番号を振る前に撮影してまして、順番になってなかったりします、すみません。

それでは、発売にむけて作業を続けます!
どうぞお楽しみに。。。

オンラインショップはこちら

桑坂 碧

654,624 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧