「銀の三環鈴」を再び作っていただきました。

発売情報

昨年の3月に、かなり久しぶりの再販を果たしまして、また作っていただきました。
最初にお詫びしておかなくてはいけないのですが、銀のお値段の上昇が止まらないようで再び値上げをさせていただきました、申し訳ございません。
ひとつ39,000円となります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

今の鈴は音色が大きめに感じます

超久しぶりに制作していただいた昨年の記事はこちらです。三環鈴について、こちらに詳しく掲載しております。

「銀の小さな鈴は鳴らすのが難しい」と職人さんも仰っていましたが、私が持っている15年以上前の鈴よりも、現在の鈴のほうが格段に音色が大きいですし、倍音感というのか、シャリンシャリンと多重に音が鳴っている感じがあります。
それでも負け惜しみではないのですが、自分の鈴も「ずっと鳴らしてきた鈴の良い音色」がするような気がしています。使い込んだ鈴の音色って、どこがというのは素人なので説明できないのですが、独特の感じの音の色があります。
うーん、しいて言えば「チリン」感が増すかなぁ。。。
インスタグラムにアップしましたので、ご覧ください。ワイオリアカウントから視聴していただくと、そのまま下にスクロールすれば新しい鈴の動画になりますので、音質の比較も可能です。

天から降ってくる音に似ている

胸に音の守りが欲しい時があって、そういう時はこの鈴が登場します。
首にさげるのが重いと感じる時は、蓮の実ブレスや、銀鈴と白檀のブレスなどでも代用します。

守ってもらう意識も強いですが、音色がすっと上に伸びて、天とつながる感じを続けていたい、意識していたいということもあります。
鈴の音色自体が「天から降ってくる音」「天界にある音」のような感じがして、そこを忘れずに意識していられるような感じです。
縦にエネルギーがつながる感覚があります。ボージャイで塩原氏が感じた、「光の柱が立つ」ということに近いのかもしれないと思いました。ただ、ドーンと柱が立って揺るぎないという強い感じではなくて、もっとかすかなものですが。

天のことを意識するのが尊いというわけではなくて、人によっては山で深呼吸するとか、本の中にすごいフレーズを見つけるとか、それこそ心地よい音楽を聴くなどと同じようなことなのではと思います。
自分と自然のつながりを感じる瞬間や、真理と自分しかいなくなり対峙するような気持ち、「なにか」につながった、と思うような感覚というか。
そんなこと気にしないで、ただ「かわいいから」で鈴ブレスをつけていることのほうが多いですけどね。
鈴の音をイメージするときの、ひとつの参考になればと思いました。

個人的な話ですが、ふとした折に天から音が降ってくるのが聞こえる時があって、そのひとつが鈴の音色に近いです。
その他に大好きなのはメノウや薄い貝のウィンドチャイムの音です。金属のものなどでも、ウィンドチャイムの音は、天から降ってくる音に近い音のものが多い気がします。ウインドチャイムの動画をいくつか保存して、作業用BGMとして流しています。3つ貼り付けてみますね。巨大ウィンドチャイム=低い音のものを集めていた時期がありました。すばらしい。実際に聴きたいです。

音色はインスタに投稿しました

すでにアップしてありますので、ぜひご視聴ください。
5点、ひとつずつアップしてあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

waioli(@waiolishop)がシェアした投稿

それではアップ作業を続けます、どうぞお楽しみに…。

桑坂 碧

460,808 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧