【2015】アンリークイールDESTIN 直営店バージョンを買いました

文具

こっそり購入してました。中身は、ほぼ日手帳カズンです。アンリークイールの青山のお店で見つけました。
買わないって言ってたけど!(笑)

やっぱり素敵で素敵で、起きるのがダルイなぁという朝も
「あの手帳を開くんだ」
と思うと楽しく布団から出られるのでした。手帳(カバー)マジックすごい。


アンリークイール直営店バージョンのDESTINは、犬が刺繍されています。裏は何もなし。そしてかんぬき部分にビーズはありません。
あれカワイイよねーーー。


糸井さんとのダブルネームのカバーとは違い、竹のチャームもついていません。三つ編みになっています。
このシンプルさが好きです。

何気にこの栞のつけ方が好きな部分。

2014年のLEGENDは栞が波打ったカットになっているんですが、それがちょっと私にはイマイチで。。。
細いところで切れないの?って思ってしまう(全然そんな気配はないのですが。革ってすごいね)。
バタフライストッパーと、ツヤッツヤになる焦げ茶はたまらないんですけどね~。そういえば栞って伸びますね(笑)。長くなってきましたよ。

心配していた「かんぬき部分はスカスカにならないのか」は一ヶ月経った今では大丈夫です。

ペン指しの太さが結構太めで、4色ペン(直径12~13mmくらい)でちょうどぴったり、ややキツイ感じ。
それ以下のペンはかんぬきを締めて固定する感じ。
万年筆みたいに蓋があるペンだと、うまく留まってくれると思いますが、かんぬきをしっかり締めないと、上から抜けちゃうかも。

私は相変わらず、スタフィのマイスターにフリクションウッドの握る部分を付け替えて使っていますが、始めのうちはペンさしが硬くて入れるの大変でしたが、今では革も馴染んで、不便は感じていません。

ほぼ日手帳の今年のアンリさんのレビュー、あんまり見かけないなぁ。
もう一年くらい経たないと味が出ないからかしら。。。

桑坂 碧

22,575 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧