関係性 [ クローンストーン ]

発売情報


クローンストーンのお話です。
鏡の絵の三枚のうちの二番目の石です。
この石は天照大御神様に関連づけされています。
この絵とキーワードからは想像しづらいですよね、
私たちのイメージでは「照らす、光」の女神様として捉えていることが多いと思います。
ではなぜ関係性に天照様なのかというと、キャロルさんは天岩戸に天照様が隠れたことを
素戔嗚尊との「家族問題」として捉えています。
弟の乱暴に悩まされて天岩戸に引きこもりますが、
アメノウズメ(これは本の中では「Usomo」と誤植?されています)の踊りによって岩戸が開かれ、
八百万の神様に向けられた鏡で、自らの輝きを思いだす、勇気を取り戻すストーリーとして書かれています。
家族問題や、古くから演じてきた役割の中で不要なものについて、進展させると良い時に出る石です。
「自らの光を思い出す」というのもキーワードのひとつです。
自分の中に神が在ると知ることで、すべてのものとの繋がりを思い出すことができます。
そして、自分は特別なオンリーワンであることも同時にわかるのです・・・と、キャロルさんは締めています。
[ クローンストーン販売はこちら ]

桑坂 碧

73,263 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧