ラサ産赤瑪瑙ブレスレット

発売情報

 

今回のアップから、しばらくはもしかしたら再販できなそうな気配が漂ってきました。

本日、2本をアップしたいと思っています。

 

こういったことは「左脳の情報」ですね。

石選びの際に、私は「右脳の情報」と「左脳の情報」があって決断につながってるよね、って思っています。

まぁ、お洋服とか、万年筆とか、タロットなんかを買う時も同じです(笑)

 


 

◆左脳の情報

「今しかない」「あと数個」「限定」という販売時期の締切りがあるような情報

「○○オリジナル」「うちだけの商品」という、作り手や売り手が限定される特別感情報

「産地限定」という出自に関する情報

「石の意味」「言い伝え」「色の意味」「石の形」など、影響に関する誰かがつけた情報

・自分はよくわからないが人に「似合う」といわれた

他にもあると思いますが、思いつくところはこんなところでしょうか。

 

◆右脳の情報

これは言わずもがな、ぱっと目が惹かれたり、触ったら暖かくなったり、なぜかわからないけど頭から離れない、などの感覚的な働きかけ、反応ですね。

「わぁきれい!!!」という感動が、すべてを塗り替えたりとか。「意味は知らないけど、買っちゃった」とか。この場合、あとで調べたら今の状況とぴったりだった~、と左脳情報が後付けに。

 


  

で、大体、パワーストーンの業界では「右脳の反応」が大事!というのがひとつの指標になっている気がしますが、「左脳の情報」で手に入れるのが楽しいって多々あります。私はそうなんです。

 

「あ~これってチベットの石なんだ~、ってことは、空が青い青いところで育って・・・」

 

と、イメージがどんどん、それによって膨らむんですよね。左脳情報によって右脳が刺激されます。

 

また、逆に、左脳がめちゃくちゃ賛成しているのに、右脳が反対することもありますね。

産地、見た目、売り手がパーフェクトで、探していた種類の石なのに、実物を見たら全然ぴんとこなかったということとか。

かと思えば、なんとなく買って「なんで買っちゃったんだろ」というような石が、5年後にすごく意味を帯びてきたりとか。

 

左脳情報で購入して、まったく自分のものにならない感じのものもあります。

石の一生は私たちより長いので、その場合は、自分の子供とか甥とか姪とかに渡ったり、または20年後に引っ越しの際に落としてしまって、それをたまたま拾った人とか、その人たちの橋渡しになってるんだなーと考えたりしています。

こういうのもご縁ですね。

 

「この石で高次元領域へのアクセスが可能」という文言自体は右脳的で、嗜好(志向?)としては右脳が強そうなジャンルですが、それを読んでからその石へ反応するのは左脳的だと思います。

 

そんなことを考えつつ、左右のバランスが取れたものを提供できればなと思ったりしています。

ああ、まとまらない(笑)、ごめんなさい。

まとまった文章や分析を書いてるつもりでも、とっちらかります。

私は脳タイプ診断では「右脳が良く動く左脳タイプ」です。

 

 

このラサ産赤瑪瑙は、同じ仕入れ先からきれいなものを、、、と仕入れていますが、もう在庫がないそうです。

また作っている工場へタイミングよく伺い、市場に出回る前に手をつけられれば仕入れられるが、そうでなければ高額になってしまい、とてもじゃないけどそのお店の商売スタイルに合わないのだそうです。

ですから、タイミングが合えばまた仕入れる、努力してみる、とは言ってくれています。

 

あともうひとつ、「この石はオイルを塗ってあげるときれいになるから!」というアドバイスをもらいました。

お持ちの方はお試しください。

 

オイルが好き系の石と、そうでない石がありますね。

エメラルドにはよく塗りますが、翡翠はオイルを嫌います。

その差には石の組成とか成り立ち方の法則があるはずですが、まだ左脳的情報を調べて分類はしていないなぁ。。。感覚でやっています(笑)

 

 

 

明日はクリスタルセレクトです。

16時以降、まだ空きがございますので、直前で興味がわいてタイミングが合ってきましたら、ご連絡ください。

16:00~17:30、
18:30~20:00が空いております、サイトは受け付けを締め切っておりますので、直接メールかお電話ください。
03-3486-5556(受付時間13:00~21:00)

 

桑坂 碧

40,251 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧