アトランティスブルーカルセドニー・ペンダント

発売情報

アトランティスブルーカルセドニーはアクセサリーとして身につける形になるといいな~と思って、ペンダントを見越してのルース研磨を塩原氏にリクエストを出しました。
出来上がってきたルースを見せてもらいまして大満足、すべてペンダントに仕立ててもらいました。
検索してみるとわかりますが、たいていのアクアプレーズは白い部分や黒いインクルージョンが混じり、これだけきれいなルースもかなり少ないと思います。

そうとは知らずに愛用していました

私自身は15年程前に「とても美しいアホイトが出た」との話が持ち上がり、そのつもりで購入しました。
しかし実際には違いました。
仕入れ元が誠実で、即座に鑑定・お知らせ・返品まで対応してくれたのですが、「偽物だったのか~、き~!残念!」とジタバタしている私に、加勢先生が「きれいだからとっておいたら。いい石だから」と強めにストップをかけてくれたので、そのまま愛用することに。
「アホイトじゃないんだよな~。でもきれいだから、その「きれい」ってことを、ただシンプルに愛でられる人になろう。○○だから、○○じゃないから、といったの情報に左右されずに。」と思うようにしていました。
学びだわとも思いつつ着けていたのですが、きれいな石ですね~と褒められることが多くて、返さなくてよかったなと思うようになりました。

このひと悶着は発生して収束までが素早かったのであまり有名な話でもないかもしれませんが、後で塩原氏に聞いたところによりますと、間違えても無理のないほどアホイトの鉱山の近くで産出された石なのだそうです。

全部で6点!

なかなかこの色を写すのは難しいですね。。。青みが転びやすくて苦心します。
また、太陽光や蛍光灯下など、別の光源のもとで見ると色みが変わって見えますから困ります。そしてどれもその石の色として正解なので、どこを切り取ってお伝えしたらいいのか、ますます困ります。
カラット、色の濃さ、クラックやインクルージョンの有無で価格がつけられています。
価格・カラットは以下の通りです。

A:83,000円 39ct
B:43,000円 13.9ct
C:42,000円 17ct
D:37,000円 11.4ct
E:36,000円 11.3ct
F:33,000円 9.8ct

ワイヤーペンダントがこんなに優秀と思っていなかった

ワイヤーは14KGPで、硬いものが使われていますので丈夫です。
私もアースラブワークス製のワイヤーペンダントを持っていますが、肌身離さず着けて二ヶ月ほど経ちますが、無事です、変わりありません。
寝相や環境、石の形状にもよるかもしれませんので全て大丈夫とは言えませんが、ワイヤーペンダントがこんなに丈夫だとは思っていなかったので、事例としてご紹介しました。
ちなみに私がつけている石は平べったい形状ですので、体に張り付いたようになりやすく、あまり動かさずにつけていられることも無事な理由のひとつかもしれません。

塩原氏に「さすがに寝る時は外したほうがいいですよね」と聞いてみましたら、歪みが生じる可能性が高いのでおすすめしないとのことでしたが、何かありましたらワイヤーの巻き直しは可能ですので、自己判断におまかせしますとのことでした。
とはいえ、石に負担がかからなくもないんじゃないかと思いますので、なるべくなら加工回数は少ないほうがいいと思います。
(巻き直しには費用がかかります)

また、「シルバーでは作らないのですか?」と聞いてみましたら、すぐに酸化してしまうので、石のことを考えると手入れが難しいので今後も扱う予定はないとのことでした。
私はアクセサリーはシルバー派なので、残念だったのですが、このペンダントヘッドをシルバーチェーンに通しても合うので、コーディネートも金銀コンビカラーで楽しむようにしています。
こちらはアトランティスブルーのAのペンダントを着けたところです、石の大きさの参考にもなりますでしょうか。

もちろんゴールドチェーンとの親和性は良いに決まってます。美しいですね。
こちらはBのペンダントです。

磨きの秘密

底面はマット仕上げにしたと、塩原氏が仰っていました。
これによりブルーグリーン色が石内部を全体にめぐるようになるんじゃないかと思います。
すべてを透明に磨いてしまうと光が通り過ぎてしまって、せっかくの発色が見づらいんじゃないでしょうか。淡いローズクォーツなんかもこういう処理がなされていると思います。
また、接地面の影響も受けにくくなりますので、たとえば柄物のお洋服の上でもきれいな発色をしてくれます。

また、表面のツヤ感はすごいです。プルプルです。

アトランティスブルーカルセドニーのエネルギー

この石はもともとアクアプレーズという名前で流通していました。
塩原氏が研磨している際に、石からこの名称を使ってほしいと名乗ってきたそうです。
その他、エネルギーについて石が語ってくれたことなど、詳細はこちらの塩原氏のサイトに掲載されています。

お話を読みますと、今とても必要なエネルギーの石だと思います。
明るく健全な側面へ意識をつなげること、周囲と調和しながら人生を楽しむ、生活の変化への適応、怖れや不安にとらわれない、スピリチュアルなことを実生活に活かす、などなど。

水に溶かした絵の具のような動きある青みが美しくて、とても癒やされます。
一点一点の動画をInstagramにアップしましたので、ぜひ御覧ください。
発売に向けて作業を進めますね~。

桑坂 碧

280,420 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧