桜瑪瑙と大珠アクアマリンのブレスレット

発売情報

先日はハッピーリターンの発売をいたしました、あっという間に行先が決まりまして、ありがとうございました!
やっとご紹介できるということで、私も熱がこもりました。
この期間を一番近い「石の販売・控え場所」で見守ってくれていたのがこちらのブレスレットたちでした。タイミングによっては、こちらが先になるのかなと思っていました。

パステルカラーの桜瑪瑙

桜瑪瑙はチェリーブロッサムアゲート、桜アゲートといった名前で、マダガスカルで産出されるあたたかい色あいが愛らしいアゲートです。天然の色になります。
なるべくリアルな色に近い画像をと思って撮影していますが、この石はイメージ的に脳内できれいすぎるパステルカラーに変換されそうで気を遣います。。。
淡い色のついた部分と、クリアな部分がうまく混じりあっていて、模様を内部まで深く見ることができます。また、パステルカラーのピンク、イエロー、ブルーの三色が混ざっているんですよね。すごいです。こんな狙ったみたいなことがあるなんて。この色味の明度・彩度のそろい具合がすばらしいです。


こちらは商品番号Aのブレスレットの桜瑪瑙。
ハートのような模様の部分のみ、黄色め。ちらちらと淡いブルーも端っこに見られます。
内周15cmですが、サイズを大きくすることも可能です。珠の直径が12.5mmですので一粒で結構大きくなりますし、重さがあるので実際は内周サイズより大き目に感じるかと。


こちらは商品番号Bの桜瑪瑙です。
こちらは内周15.5cm、アクアマリンの大きさは11.5mmです。
淡いブルーの部分が見える写真をと思ったらこの角度になりました。三色すべての色が見える角度です。かわゆ。

アゲートはネガティブなエネルギーを取り除いてオーラを安定させます。
肉体によく働くというイメージがありますが、感情面にも強力なサポート石となります。陰陽の力を適切な状態にするエネルギーの石です。
この桜瑪瑙を特徴的に使うなら、この石の模様ように、自分のクリアなオーラの中に花が咲き乱れるようなイメージを描きながら持つと、気分が晴れやかになります。
もっとファンタジーに妄想するなら、花々の精霊が起こす、ふわりとしたつむじ風の中にいるようにイメ―ジを描くのも素敵です。
ぜひ華やか&爽やかな精油の香りも使ってみてください。

アクアマリンについて

アクアマリンがね~、大きいのにこの価格で提供なのですが、透明剤による含浸がなされています。
色の過熱処理はされておらず、水色ではありますが淡い色みだと思います。インクルージョンも見られます。産地はブラジルです。

個人的にはアクアマリンはずっと近くにある石のひとつ、という感じです。
違う言葉で語ってきましたが、最近の言葉でいえば「スターシードのお守り」です。魂が地球に入ってきた時に「思ってたのと違う…」とショックを受け、トラウマになったりした、その傷を癒す石です。
それで、私の頭の中では魂トラウマとセットだったので、イメージがよくない部分もありました(ごめんなさい)。でも最近はそこからまた進んで、シンプルに宇宙的なのでは?という感覚もあります。

ジュディ・ホールさんの本には「肉体と霊体をシンクロさせる」「オーラを保護してチャクラを調整し、喉のチャクラから障害物を取り除いて、高次の世界からのコミュニケーションをもたらす」と書かれていました。
自分を癒す方向では魂トラウマのケアになり、他者へ自分のエネルギーを発信していく時には霊的及び高次存在とのシンクロに働くのかも。

メロディさんの本のアクアマリンの項目には「一時的に汚染物質から身を守る方法」として「自分の周りの空気をアクアマリンの質を持っているかのようにイメージする」というようなことが書かれていました。
また、ジュディさんの仰っているのと同じ内容をさらに詳しく説明する記述として、スピリチュアルなレベルの気づきに同調するのに役立つ石で、ハイヤーセルフとのつながりの強化自己の奥深くに入り複雑さを理解したうえで情報をシンプル化し、センタリングして運命(及び現在)の管理を可能にするとされています。
そのことから、責任ある仕事にプレッシャーを感じている人にも良さそうです。

それでは、アップ作業を続けます!
どうぞお楽しみに~。。。

 

 

桑坂 碧

414,289 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧