今年もイヤーコンパス・ワークショップを開催しました。

EVENT

昨年はじめて開催した「イヤーコンパス」のワークショップを、今年も開催しました。開催している本人も楽しかったです~!!!!

和訳問題は解決したのか

イヤーコンパスの翻訳についてはとても良くなったのですが、2019年版でもまだ改善点がありました。
ほとんど公式の原稿を使用させていただきましたが、またハンガリー語(原版)と英語をチェックして、何カ所かわかりやすいように変更しました。ワークショップでは自分で行った翻訳と、もとの文章の比較や補完情報もお伝えしつつ進行しました。
当日もお客様から、表記揺れのような部分へのご指摘も受けました。
採用されるかどうかわかりませんが、和訳チームにフィードバックしたいと思っています。

また「なぜこういう項目に答えていっているのか」の意図、質問の順番、ページごとの構成のつながりなども含めて説明しました。

去年はすっごく疲れたけど、今年はどうだった?

昨年は参加者にとっても私にとっても、初のイヤーコンパス・ワークショップということもあり、答えを記入するだけでも疲労困憊しました。
今年はそんなことがないようにと準備を徹底してもらい(昨年も一応準備は促していたのですが、弱かった…)、「これをやっとかないと、当日頭から湯気が出るよ!!」と脅しまくり、当日に臨んでもらいました。
結果、すべての方が十分すぎる、イヤーコンパスに書き込める量以上の準備をしてくださり、スムーズに昨年のことを振り返ることができました。
「あれ?ラクだね~(´▽`) 」と和やかに前半が終了しました。

しかし新年のことを考えるとなると、準備はしていただいておりませんし、二年目の方も馴れてきたとはいえ、ひねり出すのが大変になってきました。
今回は皆さんからも話を引き出し、みんなで一緒にやっているからこその時間を意識的に持つようにしました。そうして自分の記入の参考にしたり、先の予定にまつわる情報交換をしてもらいました。そこから新年の指標を決めた方もいらっしゃいます。

全体的には、昨年ほど頭から湯気は出なかったものの、帰宅したらぐったり&ぐっすりでした、という方も数人。
イメージ上でも時間軸を行ったり来たりするのは、タイムトラベルの能力のよわ~いもののひとつだと思うんですね。だからやっぱり、少しは疲れますが、そう思えば無理もないですよね。


ワークショップ中の写真は、シャッターを押すとブレ技が必ず発動する加勢先生に撮っていただいたので、すべてふんわり画像です(´`)
そう、iPhone Xsでもね。

参加者からいただいたご感想

皆さんからいただいたご感想から抜粋してみます。

過去を振り返る事を苦手とする自分にとって、桑坂さんや参加者の方々と作業を共有しながら進められた事が本当に心強かったです。前に進むには過去を見直し、消化、整理しないとワンランク上の人生を目指せないと改めて感じました。

振り返りとやりたいことは、事前に自分で作っていましたが、違った質問のされ方で考えてみると、答えも違ってくることがあるので、面白いですね。

自身の昨年まとめと、新年の方向性が確認出来ました! また、グループワークが苦手と思っていましたが、皆さんと行え、いろんなお話が聞けたり、楽しいお人柄に触れたりして、本当に楽しかったです。

桑坂様、本当にありがとうございました。お疲れ様でした! 理解しやすいイヤーコンパスの和訳や編成をしてくださったおかげで、書きやすかったです。昨年よりもグレードアップしてると伺い、ちょっとお得気分でうれしかったです。早速のカード送付もありがとうございました(桑坂:当日の真夜中に送付したので…夜分にすみません)。 記入中のお話、とっても楽しかったです。来年もとっても楽しみです。ありがとうございました!

緊張して参加しましたが、癒されたり、励まされたり、この1年が楽しみになる貴重な体験をさせてもらいました。手元に何もない私に過去のデータまでいただけて嬉しかったです。ありがとうございました。家庭的なあたたかさを感じる空間で自分を振り返ったり未来を願ったり、特別な年になりそうです。

楽しい時間でしたー。日記はつけたことないけど、色んなことをすぐ忘れていくので、今年はメモをつけていこうと思います。

ありがとうございます!!
改善点もいただいております、またガチで参考にして、パワーアップしてゆきたいと思います。
もう少し手帳の使い方や、皆がどんなものを使っているのか、使っていないのかの話もすれば良かったなと反省しています。手帳講座の講師の方もいらしてくださっていたのに、もったいないことをしました、すみませんでした。

昨年参加された方が「去年はこんなこと書いてた~」と冊子を手元に出して話してくださることも多く、その様子が楽しそうで、今年初参加の方は「来年(2020年)の開催が楽しみすぎる!!」とも仰ってくださいました。
また来年、お会いできますように!

パワーワードのカードが楽しみ

一番上の画像はいつも最後に引いてもらうカードです。
この言葉を一年のパワーワードとして、落ち込んだり迷った時には、この言葉でパワーを取り戻してもらいます。具体的にはイヤーコンパスの最後、19ぺージの「この一年を象徴する言葉」に書き込んでもらいます。
今年はカードを引く前に記入された方が、カードを引いたら同じキーワードだったことがあり、鳥肌が立ちました。今でもぞわっときます。

去年の私は19年連れ添った愛猫をなくしたばかりの開催で、「RISE(立ち上がれ、高めろ、昇れ)」というカードを引きました。
何度も悲しさにぐったりして、そのたびに「RISE、RISE」と思っていました。私もとても支えになりましたし、昨年のカードの通りの一年になったという方もいらしたので、今年もみんなでやってみました。

コピーして手帳の頭にはりつけていました。今年も同じようにしています。
今年は「What’s your honest truth?(心からの真実は何?)」というカードでした。この一年はこの言葉をずっと問いかけながら、過ごしてみたいと思います。

今年ひいたカードはみなさんの分もスキャンして、配布しました。スマホの待ち受け画像にしたり、写真印刷できれいにプリントアウトして手帳に貼り付けたりと活用していただいています。

来年まで冊子をなくさないでね!!!

二年目の方も「昨年のはどこかへやっちゃった~」というお声をちらほらいただきました。
うん、仕方ない(笑)。今年はもっと強者が「酔ったら自分の書いたことがイヤになって、手帳を破りすててしまうんです~」という方もいらして、みんなで「来年まで破らないでくださいね!」とお願いする一幕もありました。
ぜひ、どこかにきちんと保管してください。できれば数ヶ月ごとに振り返ってみてほしいです。
ん~。。。ファイル形式にしたほうがいいのかなぁー。ちょっと考えてたんですけどね。また検討してみたいと思います。

桑坂 碧

17,612 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧