誰でも曼荼羅アートが楽しめる「Amaziograph」

お絵描きツール

簡単に曼荼羅アートが描けるアプリ、Amaziographのご紹介です。
PCとタブレット専用なのでスマホで検索しても出てきません、私はiPadにダウンロードしています。
こちらは99セント(私が購入したときは120円)という良心的すぎる価格。PC版は150円でした。
簡単に試せるし飽きてもいいやという金額でありがたいのですが、ちゃんと金額を取って今後も発展していってほしいアプリです…お願いだから開発を止めないで~!
試してみたところ、お安いだけあってか問題点もありました。その点についても書いておきます。

こちらがアプリの公式サイトです

Appleのアプリはこちら

美しい参考動画

アプリのサンプルを見ると「ウェブサイトの壁紙のように連続した模様を描くアプリなのか~」とちょっとハードルが高いような気がしてしまいますが、こちらの動画を見るとやる気がでます。

Apple Pencilを動かすだけで曼荼羅、万華鏡の世界です。
そんなに考えず、ペンを走らせれば模様ができあがっていきます。

ちなみにこの記事のタイトル画像ですが、英語の文章を書いているだけで、曼荼羅にしあがっています。
「In mid-July, I saw thunderstorm clowds for the first time this summer today.(7月も半ば、今日はこの夏はじめて入道雲を見た)」と書いています。

曼荼羅をカラフルにしてみる

色もつけられます。色の線も引けます。

 

Procreateも使って、曼荼羅にいい感じのグラデーションをのせたり。(2:00過ぎあたりから)

私の守護霊さまは唐紙師なので、こういう文様が作れるものは好きなんじゃないかな~。
プリントアウトしてオリジナルの包装紙とか、ブックカバーにしてもよさそう。

海外の方の動画ばかり紹介していますが、Amaziographで検索すると日本人の上げた動画もありますので、英語がわからんくて無理…という方は検索されてみてください。

模様づくりも簡単楽しい!

こんな感じの連続した模様を描くのも簡単でした。これもめちゃ楽しい~、適当に書いても埋まっていく快感(笑)。

絵を描いても面白い。パッケージに使えそうなものも作れそうです。
(他のものではなく、なぜかこの絵で公式アプリにフォローしていただきました)

問題点は?

自分でダウンロードしてみた結果、時々フリーズして、それ以上描けなくなってしまうことがありました。
画面を拡大・縮小すると再び描けるようになることもあるのですが、それでもだめな時がありました。そうなるとアプリをいったん落として立ち上げ直しても、そのファイルには追加で描くことができませんでした。

アプリのダウンロードもとのページを見てみると、一年以上更新されていないようです。
このままiPadのOSがアップデートされていくと、不具合が頻発するか、使えなくなる可能性が出てくるのかな…と思っていたら!!!
昨日、アプリの公式インスタを見つけまして「ver.7近日公開」の情報が掲載されていました!
模様作成のベース数が増えるのと、どうやらiPhoneでも使えるようになりそうな気配、グラデーションカラーも使えそうなんですけど、今でもできるのだろうか??
ただいまβ版のテスト運用が開始されているようでしたので、参加してみました。まだ開発中なのでしょうけれど、私のiPhone(iPhone 12 mini)では色の変更ができませんでした。画面が小さすぎるのかなぁ。
押したくても下すぎて、反応してくれませんでした。

また、iPhoneのβ版にはペンの設定に「smoothness(滑らかさ)」の設定がありました。
現在のiPad版にはない新しい機能ですが、これが実装されれば線を描くのがラクになります!楽しみ!!!

Procreateでも曼荼羅は描ける

Procreateでも似たようなことができるなと思いたち、やってみました。

こちらの良いところは、様々な筆が使えることと、色も直感的で微妙な調整ができます。

Procreateで描いた雲と、Amaziographで描いた曼荼羅日記(こちらは日本語)をあわせてみました。
またアップデートがありましたら、いろいろと試してみたいと思います!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aoi Kuwasaka(@aoi_tyo)がシェアした投稿

桑坂 碧

297,012 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧