ラピスネバダ、凄腕水晶たち

発売情報

ラピスネバダ、という名前なんですが、あの濃紺のラピスの影は全くナシ。
なんで?という感じですが、直訳すると「ネバダの石」ということなんだそうで。
うーん、ややこしいよ(笑)
でもまぁそんなこととは別に、とってもかわいい石です。
この球に透明感があって、奥行きを感じましたので、これのみ仕入れてしまいました。
私の岩笛もひとつ、こんな感じの石なんですよね。
そういったことでも、個人的に親しみがありました。
さて凄腕たち。
いろいろと凄いので、ざくっとひっくるめてこんな呼び方しちゃったんですけど。

こちらはマニカランのお手頃サイズ。
かち割りのような凛々しさと透明度は健在です!

アルプスのスモーキー。
虹がぎらっぎら、表面はピッカピカ、レコードキーパーはもっりもり(笑)
ついでに水?らしきもの発見。動かないんですけど、入ってるんじゃないかな。

ウラルのスモーキーです。純度の高いグラウディング、という感じの石。
小さいけれど、敬って扱わないといけない威厳を感じます。

名前だけは何度も聞いてました、ゴールデンヒーラー。
こちらはアルプスのものですが、まさかこんな、本当にアクアオーラ的な色だとは思っていませんでした。
天然ですよ!人工的な虹色じゃないですよ!
虹色の光を反射します。すごく面白いです。
アジャンタの虹色は、薄皮一枚表面より下に見えるんですが、
こちらは表面に張り付いた虹色ですね。
次回からのアップは、これらの石と、その他にヘマタイト球セット(そんなに見た目変わらないから、そのまま販売をオープンにしても良かったんですが)、前回すぐに売り切れてしまったシリウスアメシストたくさん、サチャロカマスターのお手頃サイズを用意しています。
どうぞお楽しみに!

関連記事一覧