ハーキマーダイヤモンド(6/1追記)

発売情報

随分前に仕入れたのですが、なかなか順番が回ってこなかったハーキマーダイヤモンドです。
次にアップするのは何がいいかをペンデュラムで決めているのですが、「よし、あげるぞ!」と思うと全然振れてくれなくて、やっとです。
「何かいい石ないですかね~」と聞くと「ハーキマーいいわよ」という答えが返ってくることが多かったのですが、アクセサリーのみで原石を仕入れられず、やっと扱うことができた石でもあります。

ダイヤモンドではなく水晶です

ダイヤモンドのように硬質な輝きを持っており、両端のあるコロンとした形状で産出されることからこの名前がつけられています。
アメリカはニューヨーク州のハーキマーで採れる石です。
他にも似たような形状でパキスタンからも出ていますが、パキスタンハーキマーと呼ばれることもあり、このような形状の水晶の本家本元のような扱いを受けています。

1980年代以降、パワーストーン的にも注目を浴びるようになった石で、割と長く流通しており間違える方はもういらっしゃらないと思いますが、「ダイヤモンドの名前がついているがダイヤモンドじゃない、偽物だ、ただの水晶だ」というような言われ方をすることもありました。ダイヤモンドのフリして売りつけるとかそうじゃないんだよ、これそのもので十分価値が高いんだよ、と思います。

塩原氏より仕入れています

時間が経っていますので、ちょっとうろ覚えなのですが、塩原氏に「アトランティスやレムリア、星々と関係のある石を」というリクエストの時にハーキマーダイヤモンドのペンダントヘッドを一緒に仕入れました。
それがそのことに関係しているのか、アクセサリーが欲しいといったから持ってきてくれたのかもしれませんが、その時いただいた原石ペンダントはとてもクリアで、近頃検索して出てくるハーキマーとは一線を画してるな、と思ったんですね。
そして塩原氏も「とてもいい石で、原石を使うこともおすすめです」と仰っていて、メタモと合わせて瞑想するんだったか…単体で瞑想するんだったか、ハーキマーの両端を持って瞑想する方法を教えてもらいました。
先日のトークライブでも、ふたつのものの間を結ぶ石として、グリッドの先頭に置かれ、塩原氏と画面の前の視聴者さまをつなぐ役割を果たしていました。

とてもとても古い時代に生まれたクリスタルのようで、長老のような石なのだそうです。

夢見の石、ドリームクリスタル

また、ドリームクリスタルという名前でも呼ばれており、夢の中での気づきを促す石とも言われています。
ネイティブ・アメリカンのお守り、ドリームキャッチャーの真ん中に設えられるイメージもあります。

私は夢を見ない日はないので何かしら夢を使えないかと思っているのですが、なかなか人間性が高まらず(笑)、つまらないことにばかり夢の時間を使ってしまいます。
まぁそんなジャッジはしないで、つまらないと言わずにひとつずつ果たしていった先に、練度が高まるものなのかもしれないなと、希望は捨てていません(笑)。どうせ毎日見るんだし。
自分の潜在意識も顕在意識も本能も好きなように、夢を楽しんでいます(っていうかそれしかできないんですけどね)。

他に勧めてくださったヒーラーの方は「光がたっぷり入っている石、たくさんの光をもたらしてくれる石」というような表現で教えてくれたのだったと思います。

今回販売するものをご紹介

こちらの5点になります。
大きめのものはスモーキーな感じですね。
一番大きなものでこのくらいのサイズ感です。約35mmほどの大きさです。とても美しい結晶です。

動画をインスタグラムにアップしました。
太陽光のもとで回していますが、かなりきれいです。
この撮影の後、ものすごく疲れました。こちらもとても気力を使ったようで、本当にパワフルな石なんだなと実感です。

それでは、アップ作業にかかります!

追記:ハーキマーについて塩原氏に聞きました(2021-06-01)

どれくらいおすすめなのか、お会いした折に聞いてみたら「あ~ちょうど解説を持ってます」と追加情報をいただきました。
ボージャイストーンのカレン・ギルスピー氏も、ハーキマーをボージャイと一緒に使っていたそうで、塩原氏が日本でボージャイのワークショップを行う際に必ず一緒に使うそうです。
メロディ氏も推奨の水晶で(言いたいだけ、さっと行こう)、そういえば「BRIGHTNESS―地中の宝物」というメロディ氏の本も、見事なハーキマーダイヤモンドが表紙になっています。

ハーキマーの特性

ハーキマーダイヤモンドは繊細な調和のエネルギーをもたらし、明確な気づきと束縛されない自発性を高める。
マインドに明晰さと洞察力を与える。言い換えると、メンタル体をクリアにする。
肉体~メンタル体に潜在する恐れと抑圧をクリアにする助けになり、完全にくつろぐことと、生命エネルギーの拡張を許す。
チューニングの石としても知らせ、他者、環境、そして取り組んでいる活動と同調するのに使える。」

肉体ーエーテル体がより上位のサトルボディと同調し、同期(エネルギーの送受信のタイミングを合わせること)するよう作用する。

< ©EARTH LOVE WORKS :塩原基弘氏 >

また、ハーキマーを勧めていただいた理由については、「すべての源と響き合う、相互、宇宙とオーラの外側をつなぐような役割として提案したんだったと思います」と教えていただきました。

ボージャイストーンを手のひらに置き、人差し指と親指でハーキマーを持って瞑想すると良いそうです。

ちいさめ2つ欲しいですね。。。

さて、その後加勢先生も「この石すごく面白い、なんで今までなかったの」くらい言い出しています。これは玄人(エネルギーワークをする人、スピリチュアル系のことを仕事にする人)にはいい石だよね、と付け加えていました。
うーん、ごめんなさい。私がなかなか惹かれなくて!!

そして口から溢れるようにひとつお伝えしておくと、今回購入された方はお目がかなり高いです。あの品質この値段はなかなか無いはずです。
使い勝手の良さそうなものを、また仕入れますね~!

桑坂 碧

280,418 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧