1940年代クリスタル+黒い虹のマリア像

発売情報


久々、そして最後のアップとなる1940年代クリスタルです。
以前にも一度取り扱っています。
以下、その時のお知らせブログからの抜粋です。

1940年代というと、水晶が「クォーツ」として工業用に役立つということがわかり、せっせと採掘に励みはじめた年代です。この時に初めて水晶を大量に掘り起こすことが行われました。
その時代に掘り出された水晶で、一つの大きな勾玉が作られました。その削り落とした部分も貴重なので、タンブルとして再生されました。
このタンブルをセットに入れています。
その勾玉がこちら。

ころころと無造作に転がされていたのですが、とても愛しい感じがしました。そしてちょっと質量が軽い感じもします。ガラスかと思い聞いてみたところ、「採掘が古い水晶」だという話を聞くことができました。
水晶自体はもっと古くから存在しているので、今出回っているものと大差ないでしょと思わなくもないですよね。でもとても不思議な感じなのですが、ちょっと一味違うように感じます。
優しい、愛おしい、かわいいと愛でる気持ちを引っ張り出される感じがします。なにかしら、キラキラしたものがあります。
エネルギーとしては「初心を忘れない、初心に戻る」というものだと聞きました。

そしてもう一点、黒いのに虹色の層を持つレインボーオブシディアンのマリア様です。

素晴らしいですよね~!
このシンプルな彫り、デザイン、最高です。
このルースは側面に溝が掘ってあります。
シルバーや紐などを渡して、ペンダントヘッドにすることができますね。
そしてセールがあと二日となりました。
どうぞこの機会をご利用くださいませ!
それでは、どうぞお楽しみに。。。

桑坂 碧

64,832 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧