ブルーアンバー(?)たち

発売情報

ロシアンブルーアンバーが再入荷いたしました。

アンバーがこんなに気持ちの良いものか・・・と目覚め、ドミニカ産のアンバーを扱っているお店で、とても素朴なのですが目の離せないクロスがあり、仕入れてきました。

こちらは、店主が不在で代理の方に対応いただいて仕入れたのですが、「ブルーアンバーではない」とのことでした。

 

が、持ち帰って紫外線ライトをあてたらこんな感じに

 

 

青い!!!どういうことなの!!!

琥珀は全部光るのか??

 

・・・と思っていましたが、ブルーアンバーでなくても紫外線ライトに反応する琥珀はあるんですってね。
太陽光でも青く見える、蛍光?の強いものが「ブルーアンバー」として認定されるという、練度の世界だったようです。
実際、他に持っている琥珀には全然このような反応はありません。
 

 
ということで太陽光で。
うーーーーっすら、青く光ります。
写真ではちょっとわかりにくいかもしれません。左の腕?の部分によく出ています。
代理の方が販売してましたし、その方は石の専門ではないけど詳しそうな感じもありました。
これは「私がブルーアンバーといったらブルーアンバー」「これは弱すぎるから却下」とご自身で決めてもらうしかないかな、と思っていますが、弱めのブルーアンバーと思っていただければ・・・と、その名前で販売することにしました。
 
まぁその、ブルーか否かも大事ですが、それだけじゃなくって、
 
・この針金をぐるぐるしただけの様子
・なぜか下だけ澄んでる
・ちゃんと裏表がある彫りになってる
・でも表面は小傷だらけで、行商でいろんなところを回ったんだろうなーー
・ちょっと縦長デザイン、厚みはちゃんとあるこのバランス
 
という感じが、かわいいクロスです。
琥珀は水晶みたいに「あ、私のだ」っていう感覚があるものなのだそうです。
私もいくつか手にして、「出会ったな!」というものがありますので、わかる気がします。
 

 
こうしてみると、クロスのブルーアンバー認定は非常に甘いものかもしれません。
太陽光での、販売予定のラインナップです。
小さい珠のブレスレットが、一番青いですね。
 
私自身、ブレスレットはかなり愛用しています。
眠る時も全然邪魔にならず、とても軽く、蜂蜜をみているようで・・・
これが古代の樹木から出た樹液の化石で、長い年月を経たと思うと、ありがたいですね。。。
 
次回はこのブレスレットとクロスのアップをと考えております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

桑坂 碧

35,553 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧