【2014】ほぼ日手帳アンリカバー「LEGENDE」ほぼ日より届きました。

文具

「かわいすぎていらないかも」と言っていたアンリさんの、しかもカズン用カバー「LEGENDE」をゲットしました。
分冊アンケートのタイミングがカバー抽選締切りの次の日ということで、憤慨しましたが・・・今年の秋までの命だったらどうしましょうかね!こんな高い買い物、久しぶりなのにー。
ということが心配で、ほぼ日さんにお問い合せをしましたら、分冊が出ても一年一冊は出るというご返答をいただきました。

さておき ʅ(ツ)ʃ

ポケットも使わないし、栞もひとつあれば十分なのでとくに不便は感じてません。
これまでヌメ革のカバーを使ってましたが、やっぱりいいものはいい です。
はー、贅沢。

背表紙の白い犬がねー、なんかじっとこちらを見るんですよ。

この白い犬、犬がど真ん中のせいで
「遅れてやってくる」「歩いてるけど遅い」
みたいな感じがするんですが、それが愛しくなってしまい手離せなくなりました。

これは実物の魔力ですよ。
写真じゃ伝わらないかも。
実際お会いした方には、お見せしますね。
でもそれも「うちのわんちゃん最高」病かもしれないから、伝わらないかも。。。

ほぼ日さんサイトでは、カズンのカフェ色カバーには「犬とヤシの木」なんですが、うちに来たのは「歩く犬」でした。
これ、クレームつける人はつけるよな~。。。
カズンカバーの情報が全然あがらないのは、こういうこともあるのかも、と思っています。

バタフライストッパーの縫い目も赤でした。
全体的に赤と白の糸しか使われてなくて、そのシンプルさもぐっと来てしまいました。
(これもイヤな人はイヤかもしれない、でも私は可愛すぎず、ほっとしました)

そんでもって、シルバーチャームは一番わけのわからないコレ。

他の二つはなんとなくわかる。

※画像はほぼ日手帳サイトより

左のは、「大きな樹になる種」とかで、成長とか可能性とか。
真ん中のはそのまんま「太陽」、恩恵とか明るいとか、エネルギッシュとか。
で、右のコレは??

「同じアパートにすむ他人同士(ふれあいなし)」

にしか見えなかったんですが(笑)、ひっくり返しても同じように見えるのと、「α to Ω」かなということで、始まりと終わりは一緒、みたいなことに解釈することにしました。
そのうちほぼ日さんに聞いてみたい。実は作った人のイニシャルとかかもしれん。
はっ、万歳する人・上下!?

【追記:2014-3-14】
ほぼ日さんより、アンリさんの答えの返信を頂きました。

「トンパ文字(中国の少数民族・ナシ族に伝わる象形文字の一種)に
インスピレーションを受けてアンリさんがデザインしたもので、
とくに意味はないとのことでした。」

無いのか・・・。そんな気はしたよ(笑)

いやー
「アンリさんのカバーはなんか違うよ」って皆言うけど意味わからん、トラベラーズノートの革と変わんなくない?と思ってましたが、犬すごい です。
猫派だから 心動かされないって思ってたのになー。
もちろん革も違いました、裏側とか端の処理とか。使うともっとわかるんでしょうね。

もしほぼ日手帳が分冊されたら、後ろ半分にA5ノート(トモエリバー)を挟んで使えたらいいなぁ、と分冊アンケートにも書いておきました。
「一年一冊」派になりそうだなって思うけど、もし分冊されたら、それも使ってみたいとは思っています。

ペンの握り手もカバーの色に合わせて変更しました。
本体はスタイルフィット・マイスター5色、握り手部分はフリクションボール・ウッドのダークブラウンです。
5色ペン手帳術なので、どうしてもこれになってしまいます。

桑坂 碧

35,552 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧