出雲石を使ったアクセサリーたち

CRYSTAL

出雲石の仕入れ先で、担当者の方がつけていたバングルがとてもかわいかったのが一昨年の冬
このバングルは好きなビーズが通せるもので存在自体は知っていたのですが、自分でかわいく仕上げるイメージがつきませんでした。それが出雲石でこんなにかわいくなるのか!と感激しました。丸ビーズじゃないところが、すごくピリリと効いています。両脇のカットボールの硬質な輝きもいい。。。
「ぜひそれを再現したい、石はありませんか?」と尋ねてみたところ、そのビーズの在庫はありませんでした。そしてもしビーズが存在しても、このバングルが通せる大きさの穴が空いているかどうかは、ひとつずつ通してみないと確認できないし、それほどの穴が空いているものはほとんど存在しない、これからの制作も難しいとのことでした。

うーん残念~。。。。と思って一年半。
ある日、担当者の方が「あのビーズを作ることができました。近くに行く予定があるので、お時間ありませんか?」とお電話をくださいました。大感激です。
スケジュールが難しいことを伝えると幅をとってくださり、なんとかお会いできることに。嬉しいですねぇ。そしてやっとできたのがこちらですので、私のデザインではありません

きっと出雲石って、工芸品の枠を出るのが難しいアイテムだったと思うんですよね。それを扱い続けている方が若い感性でいいなと思うものを、自ら組み合わせて身につけられていたものです。ありがたくシェアしていただきました…って、お断りはしていないんですが、勿論うちで販売することはご存知ですし、バングルの扱いについても詳しく教えていただいています。
彼女の感性を私は信頼していて、出雲石のリングもどの指につけるかなど、自分ではしないけどやってみたらカワイイことを教えてもらったりしています。初めて見た時は一重のバングルをつけていらっしゃったのですが、その後使いやすさと安全性で形状記憶のトリプルバングルに変更されていました。


出雲石チェーンリング(K18WG・カットボール)13,000円
出雲石バングル(K18WG) 33,000円

さらに貴金属パーツ側も、これまた別会社なのですが素敵センスをお持ちの、いつも担当していただいている方とお話をしまして、「トリプルがやっぱり断然カワイイです」と推していただきました。私は一重のものに惚れていたので、ちょっと残念な気持ちもありましたが、着けていると本当にラクだし使いやすい!アドバイスを聞いて良かったなと思っています。
そして以前から興味もあったチェーンリングも扱ってみることにしました。

私はシルバー色派なので、ホワイトゴールドをチョイスしています。あ、これ素材がシルバーではなくて、金色のものの素材はK18、銀色のものはK18WGなんですよ。ゴールドフィルドじゃないんです。なのでお値段はしますが、輝きが持続しますし、しっかりしています。このバングルもリングも、ビーズを外して他に入れ替えることができます。

うちにあるビーズで通るものを探してみました。
丸珠のシナバーやエメラルド、出雲石などすべて6mm表記だったと思います。穴の大きさが1mm欲しいかな~。今回仕入れた出雲石のビーズは、穴を広げてくださったんですが、その際に割れることも多かったそうです。。。申し訳ないです。

いやぁー待望でした。本当に感謝ばかりです。ぜひ、使ってみていただきたいです。私は銀色派ではありますが、金がカワイイんですよねーー担当の方が着けていた、私が一目惚れしたのは金でした。
つけている出雲石のビーズはどれもAAAです。バングルのホワイトゴールドの在庫は1本、ゴールドはたくさんあります。指輪はホワイトゴールド(カットボール)、ゴールド(カットボール)、ゴールド(あずきチェーン)のそれぞれ1本ずつで計3本ご用意しました。


出雲石チェーンリング(K18・カットボール)12,000円
出雲石バングル(K18)29,000円


ちっちゃいし、品質にそんなに差もないのですが、全部写真を撮ってみました。
指定してご購入していただけます。

 

チェーンリングの内側はこんな感じになっています。邪魔じゃないの?と聞いてみましたが、そうでもないみたいです。ただ、華奢なチェーンではありますし、鞄の紐に巻き込まれたりすることはあるらしいので、丁寧に過ごせる時に着けたほうがいいとは思います。こちらのような可動式チェーンリングを販売している他のブランドサイトで商品レビューを読んでみましたが、サイズが微調整できるのでむくんでも大丈夫、便利という声が多く、思った以上に使いにくいという声はあまり見られませんでした。私も使ってみようと思っています(新月とか、縁起の良い日に使いはじめようかと)。

上記の写真で7.5号の際の垂れ下がり具合です。20号までは伸ばせることがわかっています(うちのサイズ棒が20号までのため)。
こちらも石の交換が可能ですが、なかなか繊細で難しいです。棒とチェーンをつなぐ輪っかの部分をつぶさないようにするのが大事です。石の大きさによってはリングサイズが20号までは出ないこともあります(石の高さでチェーンが必要なため)。

さて、出雲石についてはそんなこんなと、「これもあります~」と出していただいたのがシルバーのリングとペンダントトップです。
制作会社としては「出雲石には金が似合う」と、シルバーの制作は微妙と聞いていましたから、これまた大喜びでした。でも少なくてすみません。。。一点ずつとなります。


出雲石AAAリング、Silver925、11号 22,000円


出雲石AAAペンダントトップ、Silver925、22,000円

指輪のほうは「もう作りません」と聞いてショック…と思っていましたので、嬉しいです。そのうちゴールドも復活してくれるといいですね。
ペンダントはゴールドのものを仕入れ、年末のクリスタルショーで販売したことがあります。

来週、販売ができるように準備を進めていきます。どうぞお愉しみに!


 

関連記事一覧