蓮の実ブレスレット、再販に向け制作中

制作中

蓮の実ブレスレットをまた新たに作っております。
蓮の実自体をブレスレットとして快適に使えるところまで持っていくのに、かれこれ数ヶ月が経っています。

鈴を作っていただいて、待っている時間を軽く超えていってしまい、鈴もしばらく水晶の棚、彫刻した仏様たちの前にて待ってもらいました。

鈴職人さんとはかれこれ、15年以上のお付き合いになり、途中で「この鈴でモチーフ依頼は受けない」と発表されましたが、変わらずご好意でお願いを聞いてもらっております。特別に作っていただいている龍の鈴を、細工が大変なことからおそるおそるお願いし、今回は4つも作ってもらいました!!本当にありがとうございます!!
いつも「いつか自分にも」と思いながら、全部販売しております。龍は旅立つものなのです、…そうあってもらいたいという私の願望かなぁ。
というわけで、「龍(上下跨ぎ)」「龍」「蓮」「月」「星」「オーム」の鈴を準備しています。

そろそろ組んでもいいかな、と思ったのでブレスレットにし始めました。

色味を分け、穴の歪みをチェックして組を決め、粒を大きさ順に並べ、合う鈴を通します。
この時点で珠の半分以上は外します。。。ごめんなさい。
下記のインスタの3枚めの動画で、穴の歪みを確認しています。

動画でチリチリと鈴の鳴る音がしていますが、この音も同じ銀の鈴による音です。いくつか持っているのですが、この時は白檀と組み合わせたブレスレットを着けていました。この鈴はモチーフなしのものです。

これはすでに最近のかたちの鈴になりますが、昔の鈴はもっと平たくて、合わせたシンバルっぽい形でした。どんどん丸みがついて今の形に仕上げられています。使われている銀の量は増えたんじゃなかろうか??
この鈴は修理も受けてくださるので、破損の折にはご相談ください。

蓮の実・白檀以外に、ラピスと組み合わせたものも作ってあります。いろんな素材と、その時々の好みで組み合わせています。
真ん中にラインが通り(ゴムの通る管)、上下からまるっとセンターに戻ってくるこの鈴の形状が、辻麻里子さんのゼロポイントっぽさとも繋がりそうと思い、ラピスと組み合わせて「宇宙図書館ブレス」ということにしています。

 

View this post on Instagram

 

辻麻里子さん第二世代です。 発売当初は「幾何学、むり〜」と思っていたので読まなかったんですけど、「夢の調査本」と聞いて読んでみたら、すごい。知りたかったことがたくさん書いてあった。偏見はだめだねぇ。 新刊「藍の書」発売をきっかけに過去の本が再販。 ゲートはゲートでも競馬の馬🐎のようにゲートの開き待ちして開いては(続きが再販されては)読み、またゲート入りして開いて読み、というような感じで今、「羅針盤〈上〉」。 面白い。 宇宙の図書館に入る瞑想CDで、「これは練気呼吸だ!」と思ったし(このCDのために今だったのかも、と思った)、エレメントの解説も「加勢先生と同じこと言ってる!そうか先生すごいやん」となったので、本当に先生の素晴らしさを受け取れるかどうかは生徒次第なのですね。 これからはもう少し、謙虚にみんなの声を聞きたいなと思った私でした。 この私が幾何学の形について理解できそうな気がするなんて、すごい本ですーー。 夢の見方も参考になります。 1️⃣読むときにカバーを外す。18年越しにやっと使えそうな幾何学クリスタル from Hawaii 2️⃣私なりの「22を越えてゆけ」コーディネート 📿ラピスラズリに銀鈴(ゼロポイントちっくな形状)、💍レムリアンシードの指輪 ⌚️生まれた日のスターゲートの文字盤Apple Watch 3️⃣生まれた日のスターゲート「羅針盤を持つことが大切な日」 #辻麻里子 #22を超えてゆけ #藍の書 #幾何学 #ラピスラズリ #銀の鈴 #水晶

Kuwasakaさん(@__kuwasaka__)がシェアした投稿 –

またこういう蓮の実じゃない物も、作ってみたいと思います。
蓮の実ブレスレットのアップは、来週中を目指しています。

桑坂 碧

30,670 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧