豆がま口ペンダント、制作中です。

制作中

天然石関係とはまったく違うところで、この小さながま口ペンダントを発見し、ひとつ買って帰りました。
黒いシボの強い革と、こちらのベージュの革のものを迷っていると、「そっちは蝦夷鹿だからおすすめですよ」と言われ、素直に購入を決めました。
これを迷っていたのは、あとで味わいが出て色が濃くなっていくかな~飴色になるかな~と思ったのですが、鹿革はあまりそういうことはないみたいですね。でも「水洗いできます」と言われたのも面白くて、体験してみることにしました。

「500円玉が入ります、いざというときのためにどうぞ!」と作家さんがおっしゃっていました(笑)。

これはペンダントになっていないお守り石を入れて持ち歩くのにかわいいぞ、と思い、作家さんに制作を相談しました。
すぐに快いお返事をいただき、計画がスタートしました。蝦夷鹿も入れてほしいとリクエストしたところ、ベージュ以外にも色があるらしい!

赤と青の革もあるみたいでしたが、シックにしたいのと、口金を金古美にしたものも入れたいので、今回はまな板上の茶、ベージュ、黒にしぼりました。もちろん、蝦夷鹿以外の革のものも検討中です。

あとはチェーンの長さを考えてまして、私は長めに垂らしたいんですよね。それで一番上の画像くらいにしていますが、けっこう遠心力がかかりますし、チェーンがクロスしていることもあります。でも、ひとまずはこれをベースにしてみようかと。82cmあります。チェーンが長めだと、重量も感覚的に増える感じがあるんですね。このくらいの長さだと、デスクに座っているときは机に載せちゃってたりします(笑)。チェーンだけシルバー925にしても、重いし、時間が経つと色が変わるし、金額もはね上がってしまうので、今回は合金製にするつもりです。あれこれ試して、チェーンの太さや形状を決めました。
展示会ではご希望によって短めにカットしたりもしようかなと思っています。

あとは展示会まで、私物のがま口の味わいがどれくらい出るか実験です。
一度、つけているのを忘れてエプロンをせずに食器洗いし、一面にポツポツと水シミを作ってしまいました。そこで全体を水で濡らして、わからないようにしました。乾いたあと、少しカサつきましたが、クリームを塗って元通りに。ちょっと味も出ました、鹿革って気楽かも。

もうちょっとしたら、がま口さんたちが出来上がってくると思います。私も楽しみです。
今のところは、展示会で初お目見えかな~と思っていますが、早まりましたらサイトでも紹介するかもしれません。
またお知らせいたします。


展示会はこちら。


今年も「クリスタルフェア for 2019」を開催いたします。 新しい年を迎えるにあたり、サポートしてくれるクリスタルを選んでいただけるようにと開催しております。この日は二日間とも加勢先生も居てもらいまして、来年はどんな年になるのかそれぞれの方に必要なブレスレットはどんなものかを鑑定してくれます(無料)。また、商品の価格も割引価格となりますので、狙っていたものをゲットするならこの時をおすすめします。 今年はちょっと遅めの12月15日(土)・16日(日)の開催となります、ぜひともご予約くださいませ。

イベント詳細・ご予約はこちら


展示会前にセレクトもあります。


店舗販売日(完全予約制)のお知らせ
11月も開催日を設けてみました。24日(土)をオフィス開放日としたいと思います。
下記の時間帯にて、実際にオンライン上で販売中の石や、オンラインには出ていない石も手に取ってごらんいただけます。ブレスレットのフィッティングもさせていただきます。
※ご参加はオンラインショップ・ワイオリの会員様に限らせていただいております。
会員登録はこちら

時間枠

予約システムから予約する

関連記事一覧