メタモルフォーシスクォーツ・ブレスレット

発売情報

一年半前に発売して以来の再販です。
こちらは制作元がメロディ氏のメタモルフォーシスクォーツの原石からオリジナルでビーズにされたもので、それも随分前のことになります(証明書がつきます)。
おそらく最後になりそうな、3Aグレードの販売です。

品質について

メロディ氏認定の原石によるメタモルフォーシス・クォーツのビーズは、Aグレード、2Aグレード、3Aグレードの3段階になっています。
3Aが一番美しく、クラックやインクルージョン、凹みなどがかなり少ないもので、スターの見やすい珠も多めになります。ただ、最終在庫なのでどうしてもゼロというわけにはいきません。
2Aグレードはクラックやインクルージョンが増えて、白っぽい感じの珠になります。
Aグレードの珠はクラックやインクルージョンがかなり入ってきて、スターもそれにより見にくいものが多くなります。ただそれが雑多な感じがするというよりは、その様子もまた別の趣向があって美しいので、Aグレードの中でもセレスチャル(天界的)な雰囲気があって美しいなと思うものを仕入れました。

製造元に高品質のものがあと5本ほど在庫はあったのですが、すでに特殊デザインされたブレスレット製品になっておりまして、お値段は1.5倍ほどになりました。それらも面白いものでしたが、お値段から今回は見送っています。
Aグレードならもうちょっとあるかな、という感じです。
原石ももう産出されておりませんので、再生産はあまり現実的な見通しではありませんね…。在庫や再販の可能性の雰囲気的には、こんな状態です。

証明書のある石、ない石

メロディ氏認定の原石からつくられたものでないビーズはまだ在庫はありますが、加勢先生が「エネルギーは違う」と言っておりました。勿論美しい石で悪いものではありませんが、現在こちらで伝えている性質とは異なるものとなります。
加勢先生はどのビーズが証明書あり、なしといった区別をあまり意識していないうちに、違いがあると語っておりました。

かたや、メロディ氏が提供したり認定したわけではない「ピンクメタモルフォーシス・クォーツ」については、特定業者取り扱いのものについて(すべてがそうかはわからないので、念のため)、加勢先生は「観音様のエネルギーに似ている」と言っておりまして、当店でも人気がありました。私も一本持っております。
証明書の発行については尊重されるべきですが、証明書のあるなしに関わらず、石にはいずれも素晴らしい点があります。ただ名付けた方の責任を証明書のないものにも付随させると、エネルギーの説明については誤りになる可能性が出てきますね。

この手の問題を考え始めると最終的には、(なかなか写真からでは判別しづらいと思いますが)キーワードは一度忘れて石と向き合う、ともに過ごす時間を取っていただくのが一番というところに戻ります。「まぁ、あの人はああ言ってたけど」くらいな感じで。
そうすれば、石たちはある程度の得意ジャンルと傾向は持っていますが、どれもためになってくれるものだと思います。この順番で考えていくと、「人間、必要なものを欲する」は本当だなと感じます。

証明書は大事。でも、素の状態で石と向き合うのも大事。
メロディ氏や加勢先生のみが真実というわけではなく、自分だけの感覚を意識に据えて、重ねていってください。

…と書いてちょっとビビりまして笑、メロディ氏のタロットを引きました。私は「メロディさん、どう思います?」という時によくこのタロットを引きます(メロディ氏と面識はないです)。

出たのはクリスタルワンドの6。達成と勝利を表すカードです。
「with respect to concepts and with respect to that which is within the conscious mind.」という一文が出てきて、まさに、と思いました。
Google翻訳にかけてしまうと「コンセプト(概念)と内なる意識的なマインド(顕在意識)について」となりますが、わざわざ尊重して丁寧に伝えるニュアンスでもある「with respect to」という言葉が選ばれていて、さすがメロディさん、と思いました。
「これまでにある情報にも、自分自身の気づきにも尊敬の念を持って」ということかなと解釈しました。
カード自体はそれらに対し、「男性的な火のエネルギーが最も調和し、バランスがとれた状態」を表しています。「新しいもの」の誕生は、輝き、システム的として成り立ち、安定し、調和し、美しい成功です。「新しいもの」は順応性があり、自己維持力があり、宇宙の女性的な思いやりの性質によって育まれるものであるというアドバイスのカードです。

石と触れ合っていただく上で参考にしていただければ、と切に願いつつ文章を書いております。

メタモルフォーシスブレスの「感じ」など

当店ではこれまでかなりの本数の販売をしています。
石好きの方のみならず、「石の意味?なんだっけ?」くらいの知識度の方も、ずっと着けてくださっているのを見かけます、それだけ魅力のある石でもあります。長くご愛用いただけておりますことに感謝しております。
まだオフィスで対面の展示会をしていた頃に、加勢先生が「これは面白い石」と言い始めて、当店では活性しています。
そのあたりのお話はこちらのブログに書いておりますので、ぜひご覧ください。

実は私自身は市場に出回りはじめた頃にいくつか購入しており、とても好きだったにも関わらず、よくわからなかった石でもあります。
宇宙とのつながりについて興味を持ち始めてからは、よいパイプラインになってくれているように感じています。光は直線的に石を通りますが、それを放射線状に広がる柔らかな、メタリックな光へと変換して見せてくれるような不思議な石です。その感覚からも、ドーム状に磨くのは的を得ている気がします。どこか遠くの宇宙の光を擬似的に見せてくれているような、そんな面白さと優しさがあります。

意識の深層からの変容ということはたくさん語られてきましたが、結果的に、「自分を生きよう」と思った人の味方になってくれる石なのだと思います。

今回販売するラインナップ

AAA10mmが4本、AA10mmが2本、A8mmが2本です。それぞれ内周サイズが違ったりしまして、それに応じて価格が異なります。
インスタグラムに回転動画をアップしておりますので、ぜひご覧ください。
スターを見る動画を2枚目につけております。

インスタグラムはこちらです。

それでは、発売に向けて作業を続けます。
どうぞお楽しみに。。。

オンラインショップはこちら

桑坂 碧

647,360 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧