ワンド入荷。

発売情報


これは鹿の角でできているワンドです。
アイボリーな白さと、手触りがとっても心地よく、
見た目にも美しく、最後までじりじりと悩んで仕入れてきましたが、
帰り道にはこのワンドを紹介できることに、嬉しくなっていました。
この枝分かれた形が、なんともイイ。
角って美しい。
ワンドというアイテムが好きです。
魔法の杖が存在するなんて、最高じゃないですか。
キラキラの粉を出して何かを変えるわけではありませんが、
すべてを理解・解釈している根本的な「自分」に
働きかけるツールとして使う使い方が好きです。
「魔女っ子入門」という本にワンドの作り方が載っていました。
もう本は無いので、どんな風に作って使うんだったか
忘れてしまいましたが、手に持って魔法陣の真ん中に
立つんじゃなかったかな。
瞑想するようなことだったと思うのですが、
その後、これまでの間に自分がしていたことと言えば
ワンドを握って、その手に自分の気持ちを持っていくことにより
自分自身の体が持っている領域を意識しやすくなったり、
「何かを握る」ということが安心につながったり
「握る」という力で自分の力を思い出したり、
「振る」ということで発散や、踊りになったり
はたまた、単に気晴らしになったり、
ワンドそのものを愛でて楽しい・・・という感じです。
私はできないのですが勿論、
ワンドを心地よさで満たし、そのエネルギーを
どこかに向けるという「エネルギーの方向づけ」に
使っても良いと思います。

こちらは木のワンドです、両端に水晶がついています。
これも肌触りが良く、水晶もクリアです。
革紐がヒラヒラとする様子も盛り上がります(笑)。
私にとってワンドで大事なのは、さわり心地と、
自分の手油がしみ込んで、時間の経過とともに馴染みが
深まっていくような素材かどうか、というのが条件のようです。

桑坂 碧

22,575 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧