豆がま口ペンダント・ミネルバボックス&エゾシカ

発売情報

豆がま口ペンダントの準備が完了、撮影に入りました。
蝦夷鹿革ミネルバボックス一枚革ミネルバボックス+スエード(裏地)の3種類あります。
ミネルバボックスは下の画像の色で、金古美色の口金がついています。


ミネルバボックスは厚みのある革なのですが、それを小さながま口に仕立てるために薄くすいて、一枚革、裏地ありの表革と裏革と、それぞれ縫い方も変えてくださっているそうです。見た目より手間がかかっていますとおっしゃっていました。
ド素人としては「くるっと縫えばいいんでしょ?」って思っちゃいます。ひとくちに「革が好き」とはいっても、作る上での塩梅についてはまったくわかりません。お話を聞くのはとてもおもしろいです。

ミネルバは「鳴く革」らしく、塗って裏返す折にはギュムギュム音がして作り手としても新鮮だったそうです。「パチンと口金を開閉する際にも、はじめのうちはギュムギュム言うと思いますので、お愉しみくださいませ」とのことでした。(だからといって「硬い!!」ということはないですよ~)

蝦夷鹿は3色。蝦夷鹿革はあまりエイジングでの変化は大きくないそうですが、柔らかさが魅力です。

全商品のサムネイルを載せようかと思っていたら、撮り忘れがありました。また明日挑みます。

ミネルバボックスはイタリアのタンナー Badalassi Carlo(バダラッシィ・カルロ)社で、一枚一枚丁寧な手仕事によって作られています。それはフィレンツェで1000年以上の歴史を持つヴァッケッタ製法と呼ばれる手鞣し・手染め、ベジタブルタンニングによって製造されています。
油をたっぷり含み、シボを出すように加工された革はエイジングが早く、味わいある革に育てたい人に人気の革です。傷がついてもなじませることで目立たなくなりますが、傷自体が味にもなる革です。色も深くなり、多く摩擦がかかるところはシボも平らになり、ツヤがでます。とてもおもしろい革です。

「ミネルバボックス 経年変化」と画像検索をかけると、いろいろと出てくると思います。私自身は焦げ茶のミネルバボックス革の測量野帳カバーを持っていますので、また撮影してみました。


この2つは同じ色の革なのではと思われます。この写真ではツヤがわからないですね。。。手帳カバーの角がまるまってツヤがあって、いい味わいです。
測量野帳カバー(一冊用、しおり一本)は、cokecoさんでオーダーしました。

それぞれのがま口の撮影も終え、着用画像を撮っていたらコーディネートも撮ってみたくなりました。
一番上の画像のものを着けて撮影したのがこちらです。


糸魚川翡翠ブレス、ギベオンブレス、Apple Watch with TOMSベルト(販売終了)
このギベオンブレスはかわいいのですが、房が頻繁にいろんなところに入ってしまう(特に飲み物にinする)ので、販売はできませんでした。

他にも濃い茶色でやってみました。

使用したもの↓

がま口に入っているのは「ヌンドライト」という希少石で、ベージュにセージグリーンの斑点が美しいタンブルです(5,500円)。
蓮の実ブレス、天珠指輪、Apple Watch with コードバンベルト(渋谷ITEMオリジナル)

他にもこんな感じとか。。。

※価格記載のあるものは販売しております。ご希望の方はお問い合わせください。
※リンクがついているものはWai’oliのオンラインショップで販売中です。


姫川薬石沈香バングル、マイソール産白檀ブレスレット(4,300円)。
勾玉を身につけたいけど自分の洋服テイストに合わない、という方にも。


スモーキーフラーレン・ブレスレット(10,000円)、ホワイトファントムクリスタル(5400円)
このホワイトファントムはがま口に入りますが、尖った形状が表にそのまま響きます(笑)。


ユーパーライト・ブレスレット、コロンビアレムリアン輪切り磨き(11,000円)

これだけあるのは今だけですが、組み合わせもいろいろと考えられて、楽しいです。

原石やルースをそのまま持って歩けますし、前回販売した際にはチャクラ・ストーンをその日の気分で入れ替えて使っているという方もいらっしゃいました。
レムリアンシードの指輪を購入されて、指に着けられない時はこの豆がま口に入れて胸に下げるという方もいらっしゃいました。いろいろとご活用していただいて嬉しいです!
私自身は小さなグリーンベリルのエッグを持ち歩きたくて、この豆がま口ペンダントを作りましたが、ひとつあると「ああこれも持って歩けるな」と楽しさが広がります。今は業者さんにおまけでいただいた、琥珀糖のようなフローライトのカケラが入っています。意図して選んでいない美しさがあって、革の雰囲気とよく合っていて、たまたま入れてみただけなのですが出せなくなっています。

本日撮影ができなかったので、明日以降に不足分の撮影を行います。発売は来週中になると思います。

 

桑坂 碧

73,261 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧