イヤーコンパス2020ワークショップ、開催しました。

EVENT

今年のイヤーコンパス・ワークショップが終了いたしました。
ご参加くださいました方、残念ながら日程が合わなかったけど「行きたかった~!」と伝えてくださいました方々、皆様に感謝の気持ちです。ありがとうございました。
今回日程の合わなかった方もぜひ!おひとりでもやってみられてください。数ヶ月ごとに振り返ると、自分のコンパスによる舵取り具合がどんな感じになっているのか、面白いですよ。

イヤーコンパス公式サイト(テキストDownload)

おまけは偶然、プレピークリスタル100周年モデルに

プレピークリスタルはオフィス近くの文具店でも売っていることがわかっていましたので、参加者数が安定した開催一週間前に買いにゆきました。
すると昨年のプラチナ100周年記念モデルが売られているのを見つけまして「今買うならこれでしょ」とそちらにしました。オンラインで売っているのを見かけないので調べてみたら、逆輸入商品みたいですね。
万年筆はあまり使わない&全然使わないという方が多いので、どこまでこのレア感が伝わったかわかりませんが(笑)、当日はそのペンを使って書いてくださる方もいらっしゃいましたし、後で「追加で買い足したいから売っているお店を教えてください」とご質問もいただきました!

嬉しい反応でした。レア度なんて関係なくシンプルに「かわいい」「素敵」と思っていただけることが増えたなら、いいですよね。

反面、万年筆と手帳のことを語る時間が少なくなってしまったように思います。反省しつつ、次回は構成を欲張らないほうがいいのかもしれないと考えています。

オラクルカードが楽しみになっています

上の写真は最後に引くカードです。
テキストの最後に、1年を象徴する自分にとってのパワーワードを書く欄があるんですが、「そんなの思いつかないよ~」という人のためにこのカードを準備して引いてもらっています。
これがまたいつもドンピシャで、事あるごとにこのキーワードを思い出して進んでいます。

参加者の方が「あのカード、今年もありますか?」と聞いてくださるくらい、定番の楽しみになってきました。

年初からこれまで、ただの透明の板になっていたタスクファインダー。やっと今年のカードを挟むことができました。私の1年の最重要タスクです(笑)。

一年目は「Rise」、二年目は「What is your honest truth?」、三年目の今年は「Changes」です。すごくシンプル。
一年目は愛猫が星になって私自身も灰になっていましたから、再び立ち上がる、不死鳥のようなシンボルのかかれたカードに支えられました。
二年目はなにかあると「私の本当の真実はそれか?」と訪ねながら考え選択し、進んできました。おかげ様で、自分に対してより素直になれたように思います。

このカード画像は皆さんにもスキャンして、メールに添付して送付しています。
スマホの待受にしたり、プリントアウトして手帳に貼ったりして、1年間パワーワードとして共にお過ごしください。

自分を変えるコツ

さて今年はまた一言、しかも「Changes」でした。ただのチェンジじゃなかった、複数形ですね。いっぱい変えないと(笑)。
自作リフィルを提唱されている高田晃さんが、「自分を変えたいと思ったら、いつも自分が選択するであろう答えじゃないものを選んでやってみること」というようなことを動画で仰っていました。

これをみたときは「え~」と思っていましたけど、今なら「面白いかも」と思えるので、ちょっとやってみようかな~。
そしてカードにはフラワーオブライフが描かれています。これも1年のシンボルにしていこうと思います。

爽やかな風の吹くワークショップでした

私もリードするのは不慣れでしたし、あまり人の領域に踏み込んでいくのが得意なほうではありませんでしたので、昨年までは遠慮していたのですが、今回はシェアリングを多めにしてみました。どんなことを書いたのか聞いてみたい時には、どんどん聞いてみました。
そうすると誰かのテーマが、意外な他の誰かにつながっていたりして、無関係な人なんていないと思いました。笑いあり、涙ありのワークショップでした。

あとて聞いてびっくり、火、地のエレメントがひとりずつ、それ以外の方はみなさん風のエレメントの方でした。だからなのかもしれませんがとても雰囲気が軽やかで、情報共有が早くてスマート。押し付けることなくさらりと知識をシェアしてくださり、受け取り手のノリもよく、私も勉強になりました。
水瓶座時代の到来、風のテイストたっぷりに1年の計画を立てられたのは面白いことかもしれません。

エレメントについてはこちら ↓

みんなで書くと、内容が変化する

叶えたい夢の欄に何を書きましたか?と尋ねていくと、ある方は答えながら「…今皆さんに話している中で、やっぱりこれだな、これでいいんだと確信がもててきました」と言いながら記入されていました。
そしてとても素敵な(無敵な?)キーワードが出てきて、私も私も!と皆さんが自分のテキストに、その言葉を書き足しました。それぞれ具体的に思い浮かべたことは違っても、同じひとつのキーワードがそれぞれのテキストに書き込まれてゆきました。
大きな夢についてもお聞きすることができて、「それもありかも」と思えると、自分の意識も拡大されます。まず枠があったことに気づいて、楽しく笑いながら外れていきました。
集まってイヤーコンパスを行うなら、共鳴しあうのが醍醐味なのだなと感じました。

いただきましたご感想

早々にご感想をいただきました、深く深く、高く高く(舞い上がるような会だったような気がするんです)感謝申し上げます!ご紹介させていただきます。

手帖には予定だけを記載していましたが、その時の状況や感じたことなども記録しておこうかなと思いました。参加された方の個性に恵まれましたので、イヤーコンパスを通して色々な情報や学びを得ました。
シェアの時間は大切だと実感しました。どうもありがとうございました。

今日はありがとうございました。振り返りが苦手なのですが、碧さんの進行とみなさんのシェアのおかげでコツがつかめた氣がしました。これがとても大きな収穫でした!
また他の参加者さんの振り返りのなかで、書き出したことが叶ったという話をリアルに聞けたことも収穫のひとつでした。

お土産のペンがめっちゃ嬉しかったです。今年は前方に置いてあった書籍や手帳を全体に回さなかった?ような気がするので(確か昨年は人数も多く回したような…)、全員の手に渡るようにしてあげたら良かったかもしれません。私は前方だったので好きに見させていただきまして、ありがとうございました。
今年で3回目のイヤーコンパス、年末年始で大変お忙しいなか、開催いただきまして本当にありがとうございました。また来年も楽しみにしております。

そうなんですよね、、、時間に焦っていましたね。貴重なご意見、ありがとうございます!

いやほんとに「こんなに幸せなのか!?」な気持ちで終えることができたのは自分でもびっくりでした。主催側が言うことではないのかもしれませんが、参加者の方にとても助けられました。ありがとうございました!
皆様の経験と知識の深さがすごい。覚者と賢者の集まりといっても良かった。それゆえに緊張していたのに、それぞれの人生の光を見せてもらって、眩しくて、それどころではなくなってしまいました。私のテキストはいまだ、ラメラメな輝きオーラを纏っているような気がしています。(よし、実際にキラキラにしちゃおう)
この1年、テキストを育てながら楽しんでいきましょう!
さらに響き合って輝くようなワークにできるように、楽しんで精進してゆきたいと思います。
皆様の2020年が、佳いめぐりの1年になりますように。

桑坂 碧

137,285 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧