気圧や気温の変化時に活躍してくれるブレス「神居古潭」

石の話

目玉模様の神居古潭ブレスレット

 

私の個人的な使い方なんですが、気圧の変化に負けて頭痛が止まらない時に

このブレスレットを頼りにしています。

先日久々に負けましたので、つけておりました。助かります。

 

気圧にやられちゃってる頭痛は、

目から入ってくる情報と、耳で感じる感覚のずれによるものらしく

頭痛薬ではなくて酔い止めを飲むといいらしいですね。

一度酔い止めを飲んでみましたが、けっこう良かったです。

 

黒い石はそれだけでもグラウディング・エネルギーのものなので

ふわふわ、ふらふらした状態に良いと思うんですが、

代表的な黒いグラウディング石でも、それぞれ個性が違って感じます。

 

黒トルマリンは、より精神的・感情的な領域・・・説明しづらいですね、

こういう時にエーテル体とかナントカ体とかの言葉がきっと、

しっくりくるんでしょうね。

今もって「何度聞いても覚えられない」と思っていますが

なるほど、今ならそれらの言葉の便利具合、腑に落ちます。

 

話を戻しますが、黒トルマリンはそれらのどこかに働いてるように感じます。

なのでグラウディングするのは、体というより霊体的・魂的な部分かなぁ。。。

カトリーナさんやジェーンアンさんの本を

ちゃんと読み直したら、何かしら書いてあるんじゃないだろか。

 

ヘマタイトは「エネルギーが●●する」という石だと思っています。

エネルギーがグラウディングする、

エネルギーが防げる、はじかれる、

動詞みたいな働きの石という感じがします。

なので、うーん、自分としては装置的に使うような感覚かもしれません。

 

で、神居古潭はもっと肉体に作用するっぽく思えます。

なので黒トルマリンに「精神・魂的に落ち着けよ」って言われたら

なんかツライわ~っていう方にも(私)

そんなに身につけててつらくならないんじゃないかと。

じんわ~と遠赤外線でラクになる感じ、

体にきめ細やかに浸透していくような感じです。

 

加勢先生も神居古潭については、

 

「グラウディングの石だね。

 身体への負担がすくない。身体になじみやすいから。
病弱な人、身体が弱い人にもおすすめ。安心できるブレス。」

 

とコメントをくれています。

 

 

神居古潭の採れる場所は、天候が荒れやすい場所だそうで

そういうはげしい環境で黒く美しい姿を培ってきた石の記憶が

ふらふらする体の機構を支えてくれるんじゃないか・・・と思うのです。

 

この水晶とのコンビネーション、とても人気で

じわじわとオーダーをいただいて、ラスト一本となりました。

スパイラルクォーツ(結晶の向きの同じものを揃えた水晶)の右のものを使用しました。

よりバイタルエネルギーに働きかける組み合わせです。

 

再販ですが、どうぞお楽しみに!

 

12月にクリスタルの展示会を開催します。
新作発表・販売価格割引・合う石を加勢先生がセレクトします。
その他、スピリチュアルな知識たっぷりのゲストのようなスタッフがサポートしてくれます

画像をクリックして特設サイトへ
展示会は混雑を避けるために、ご来場時間のご予約をいただいております。
お手数をおかけしますが、こちらの特設サイトをご覧の上、
お申し込みか、メールでお問い合わせいただけましたら幸いです。

関連記事一覧