銀鈴ピアス、改良されていました

発売情報

オンラインショップでは2回めの登場です。前回の販売は2021年6月でした。
改良型になっていますので、そのあたりもご紹介いたします。

音色について

鈴の音色は、手に持って揺らしている分には静かなチリチリ音です。
銀製の鈴は小さなものほど難しいそうですが、金属が金属にあたっているなという感じの音なので、音色を楽しむというよりは鈴という存在として、時々揺らしてその音を楽しんでいただけたらと思います。
なので「耳元でチャリンチャリンうるさい…」とはならないでお使いいただけます。私は却ってちょうどよいと感じています。

音色の育ち具合ですが、チリチリ感が強まっているように感じます。
今回入荷した2点の音色は、インスタグラムに動画をアップしていますので、ご視聴ください。動画では大きめの音で録音されているなと思います、もっと静かです。

ピアスポストが改良されています

以前、ピアスポストは太めでした。
前回までは直径1mmでしたので、細めのピアスポストのみをご愛用の方の中にはきつく感じられることもあったかもしれません。
今のところそのようなご感想はいただいておりませんが、私時々「あ、今日は無理かな」と思う日があります。

そして今回、耳に刺す部分が細く作られていました。改良されています。

わかりますでしょうか。
端の部分だけ5mmほど、直径が0.8mmになっておりました。一般的なピアスポストの直径と同じです。

これまでの流れと価格について

コロナ禍直前、職人さんが珍しく東京にて展示会をされており、その際に購入したピアスがこちらと同じものでした。
とてもかわいく、また、腕に鈴がつけられない場面でも耳から下げていることができますから、便利でした。
もともと他社への卸を考えられていないもので、前回もなんとかお許しいただいたような感じでした。どうしてもかわいくて皆様にご紹介したく、応じてくださり、職人さんには感謝しております。
これまでの間に再制作をお願いしてみたことがあったのですが、コロナ禍突入とともに銀の価格の急激な高騰もあり、その時はいったんあきらめました。

そしてまた改めて今回、当店的にタイミングがいいように感じまして、お値段が変動していたとしてもお願いしたく、オーダーいたしました。
そのような流れなので、前回よりは価格が上がっております。
しかし、私自身も2019年の暮れよりずっと愛用していまして、出番も多いです。長くご愛用いただけるものとしてご納得いただけましたら、ぜひ耳元に鈴を揺らしてください。

回転動画をインスタグラムにアップしましたので、ぜひご覧ください。

オンラインショップはこちら

 

桑坂 碧

638,759 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧