クリスタルフェアで紹介予定の石たち(1)

EVENT

 

今週末、年に一度の展示販売会を開催いたします。

 

このアフガナイトのブレスレット、一番大珠のものは売り切れておりますが、他の2本は販売いたします。

 

いつもその時その時、気になるもの・作りたいものがあり、わんさか作って発表しています、昨年は惑星をモチーフにしたブレスレットでした。

 

今年も作りたいものは作ったのですが、これまでにリクエストの多かったものを探したり、純粋に石そのものに「これは!」とピンときたものが集まっています。皆様のご縁と運でたぐりよせたもの、というような感じがします。

珍しいところでは、ロシアンブルーアンバーのブレスレット。

 

 

 

ペンダントヘッドは比較参考のためのドミニカ産のものです(私物です、すみません)。

東欧で採れるブルーアンバーは、東欧州ブルーアンバー、ロシアンブルーアンバーという名前で呼ばれるそうです。

認知度かめちゃくちゃ低いものだそうですが、疑ぐってしまう私としては1珠抜いてエタノールで拭いてみました。変化はありませんでしたから、コパルでもなさそうで安心しました。

 

太陽光で青く光る・・・んん?光らない!と思ったら、黒地に乗せないと写真ではわかりづらいんですね。

これはドミニカ産も変わりありませんでした。

白に近いベースの上だと、なんとなく表面に膜がはったような光に見えます。

展示会では紫外線ライトでご覧いただけるようにいたします。

 

琥珀はあったかいですね。

石と木のものの間という感じでもなくて別物ではありますが、軽さ、あたたかさ、やわらかいしっとり感など、着けていて非常にラクです。

 

そして、ひときわ輝きが強いなぁと思って仕入れた、パキスタン両剣水晶のブレスレット。

「ハーキマー」という名前で売られていましたが、ハーキマーはニューヨーク州産のものの名前ですので、説明が必要ですが両剣水晶ということで案内しています。

1本だけ仕入れて帰ったら、加勢先生が「これはいいね~!もうないの?」との反応で、やっぱりいいんだ、と追加仕入れを行いました。

水晶の光が強いんです。黒いタールって「不純物か~」と思ってしまっていましたが、なんとなく、これが強さの素でもあるのでは・・・という感じもします。

中には、オイルが動きまくるブレスもございます。いやーーー手元に置いておきたい。。。
 

ラリマータイプのアパタイトです。

石を持ち込んでビーズを作られた方から仕入れています、この色みのものが今後も出るかどうかは、原石との出会い次第となるような出自のブレスです。

ちょっと鮮やかすぎるだろう!と思うような色のブレスレットなのですが、男女ともに反響が多くて、もっと仕入れても良かったなぁーもう無いんだよなぁーという石です。

太平洋の真ん中の、大自然の海の濃く深く明るい海のようです。

 

 

また、自分的には今、ラブラド族に焦点が当たっています。

というよりも、前々から好きなんですが良いものが多いんです。

インドから新しく原石が出て、それが研磨されて回ってきているという噂も聞きました。旬ですね。

よくある石ではありますがこういったタイミングも珍しいので、今のうちに美しいものを押さえたい。

 

上の画像はレインボームーンストーン(ホワイトラブラドライト)の指輪です。

イエローやピンクの光を持った、滴型のレインボームーンです。

(やっぱり虹色が好きですね)

 

絶対生きてる、スカル・ペンダントヘッド。

実際に会っていただきたい。本当にしゃべりそう。人格がある感が半端ない。

だから残ってたのかなぁー。。。いや、それなりにコワイんですけど、それよりも存在がすごくて。

ハード系ファッションの男性しか無理って思いそうじゃないですか。

それはファッションとして着けたいと思ってるからなんですが、これはそんな「身に付け方」は後にして、とにかく会話して欲しい石。考えようによっては「ポータブルスカル」です。ずっと身につけられる相棒石です。

彫った人が良かったんだと思います。青い光もすごい。

 

レインボームーンストーン(ホワイトラブラド)のブレスレット。

「夢か!」ってツッコミを入れたくなる美しさ。ずっと憧れの石です。

 

先日ラブラドライトのブレスレットをサイトにアップしましたが、そちらも実物をご覧いただけます。

クリア感がすばらしいラブラドたちの中でも、際だって美しいものを仕入れています。

 

 

その他、最後の最後のラサ産赤瑪瑙を1本だけ仕入れました。

もう色が明るめになってきておりますが、ラサ産の風格はあります。この石、じわじわ値段が下がってない?と思われるかもしれませんが、色みが値段にがっつり反映する石なのです。1本ずつ値段がつけられているような少なさなんですね。

 

長くなりますので、続きを別記事にします~☆

 

 

 

 

関連記事一覧