ルノルマンカードのトリミング

タロット・オラクルカード

海外ではひとつのスタイルになっているけど、日本でやっている人を見たことがあまりない「カードのトリミング」。
Trim, tarot, border とかで検索するとYouTubeの動画とか、画像が出てきます。

こちら、様々なトリミングされたカードの画像。

今までやってみたくても機会が無かったのですが、ルノルマンカードなら枚数も少ないし、とくに周囲のカードと繋げて読む際に枠は無い方がイメージがつながりやすい。

よし、やってみよう

さすがに動画のような道具で切るのは気が引けます。
うまく切る自信がない!
ので、一枚ずつカッターでカット。

デザイン事務所お勤め時代に培ったカッター技術で、キワキワを切ります。キレイにカットするため、途中刃は二回折りました。

そして、こんなものが出てたのね、、、
角丸プロ!

プロ!!!

R3mmの「S」の部分を使って角を丸くします。カンタンです。

できました!

これが一番心配だった、
「切り口揃うかな?」

そこそこそろっています。
大満足。

枠(英語:Border)がないと、
これが

こう!

まるでひとつの風景っぽくないですか?
男性と女性の距離感が縮まってないですか?(笑)
絵の中の空気感が、
こちらの空間とつながる感じがします。

もひとつ、
これが

こう!

他にもつながって見える組み合わせがたくさんあるのですが
ビフォーの写真を撮り忘れました。

もう、公園で楽しげに遊ぶ子供にしか見えません!

それがリーディングにいいのかどうか
わからないけど!(笑)

ちなみにこのデッキでカットに踏み切ったのは
ルノルマンの勉強にさせていただいている
ドナ・レイさんのサイトを見て「いいな~」と思ったので。

この方の動画、面白くてためになります。
ルノルマンのカードの数字の覚え方とか、
即効力がありました。
ビデオ5まであったかな?
(6までありました:後日談)

これもカットしたいんだけど。。。
(ドナ・レイさんの真似っこ)

裏面がドナ・レイさんの持ってるバージョンとは違うし
ボーダーあってもかわいいかなと思って
踏み切れませんでした。

こちらの方がトランプ柄がなくて
並べると本当に絵が続いているように見えるんですけどね。

裏面が違うといえば、今回カットした
「フレンチ・カルトマンシー」デッキも、
裏面が変わっていました。
ロ・スカラベオ社はルノルマンの裏は全部これにしちゃったのかな?

「フレンチ・カルトマンシー」の裏面のデザインは
はきはきとした水色で、
アンティークな表面とのギャップがひどかったので、
変更されているのは嬉しい誤算でした。

あとはドナ・レイさんをさらに追いかけるべく、

ラメを施すか否か。

さすがにここまで勇気がない。
コピーして試してみています。

 

関連記事一覧