ワンドの使い方(自分編)

石の話

ワンドは大体、太い方と細い方、丸まった方と尖った方があって、電池のプラスマイナスのように方向性があります。
エネルギーを出す時は太い方から細い方へ流します。

浄化、毒出し的な準備

身体やクリスタルなど、悪いものを太い方から吸い込み、細い方から射出します。
その際、ネジを閉める・ゆるめる、水道の栓をひねるのと同じで、右回りにするとエネルギーが出て、左回りにするとエネルギーを取り入れることになります。
ネジがわかりやすいかな、回したら進むか、こっちに退けてくるか、でエネルギーがその方向に動くと思っていただければ。

そんなんややこしいわ、と思う方は先端でえいっとひっかけて、ポイすればいいです。
「思えばそうなる」が基本なので、思うように使うというのはこのことです。

心がドロドロするぜ、という時は、ハートに先端を向けて「ドロドロ出てこい!」とひっかけて、外にポイってすればいいです。
さらに良心的に使うなら、そのポイしたものがキラキラ光って天に上るイメージをちょっと付け足すと良いです。

天はわからん、という方は地面にだらーーーーっとコールタールのように垂らして、それを大地の寛大な女神っぷりなパワーが、そんな泥すら栄養に変えてくれることをイメージしましょう。
ありがたいです。どろどろしていた心に感謝とワンネスの感覚が芽生えます。

ひっかける際に綿あめを創るみたいに、ぐるぐる回すとやりやすく、この時の回転は、意識しなくても自然と「引っ張り出す」方向に回していると思いますよ。

やっていると、ハートじゃなくて頭(マインド)か、と思う時がありますから、それもぐるぐる、頭の上で綿あめ作ってみましょう。
やっていると右だったり左だったり、このへんが重い、というのが出てきます。
そこを軽くなるまで、気がすむまでぐるぐるしてポイして下さい。身体の具合が悪いところも、ぐるぐるして、まずは空っぽにしましょう。

そして使った後のワンドは水で洗う、煙でいぶすなどして浄化してください。

エナジャイズする、パワーを満たす

さて次はエナジャイズの方。エネルギーを入れる方です。
ぐるぐるポイした後そのままワンドはを使う場合は、やや汚れてますから、即席的には手でぬぐう(シンプル)。強めにはらう。
それから先程と反対回しにしてエネルギーを入れていきます。。。が、ワンドでエネルギー入れるのって、ワンドによるかもしれませんが、ボールペンで画用紙塗りつぶすような効率の悪さも感じます。

あと、ぐったりしてる時にはエナジャイズする気力もないです。
気力ないからワンド(アイテム)に助けてもらうってこともあります。
そういう時はエレメントストーンを配置して、横たわる方が早いしラクですね。

フォーゲルワンドはパワフルなので、エナジャイズにいいかも。
フォーゲルは私の中では「射出」イメージが強いので、「ぐるぐるポイ」もかなり強い、そしてパワーを出すの方が向いていそう。
フォーゲル系でパワーためるといいかもですね。
ちょっと「元気よこい」って思っただけで、10倍返しにしてくれる感じがあります。

ツールの使い分け

ぐるぐる得意なワンド、エナジャイズ得意なワンドと、それぞれのワンドの特徴があると思いますので、色々とぐるぐるやってみてください(倒れない程度に)。
そうそう、チャクラストーンのついてるワンドは、その時気になる、テーマとなっているチャクラの石に触れながらやるといいですよー。
私はまだ持っていないのですが、欲しいです。

さて、ぐるぐるやることを考えると、大きさはやっぱり20センチくらいがやりやすいですね。
あまり大きいと、別の用途を考えた方が良いかと思います。

桑坂 碧

262,082 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧