• HOME
  • ブログ
  • EVENT
  • 来年もやります「Year Compass(イヤーコンパス)」ワークショップ

来年もやります「Year Compass(イヤーコンパス)」ワークショップ

EVENT

手帳マニアのあいだでは、手帳選びはすでに8月からスタートしています。
この時期、早いものは売り切れになっていたりしますが、書店にならぶ手帳の種類の増え方はすさまじいものがあります。○○手帳がたくさんあって、どれも試したくなります。
とあるビジネス系手帳の中を見たら「去年の振り返り・来年のテーマ設定」などの設問に答えるページが前に方に掲載されており、「おっ、これイヤーコンパスと項目が似てる」と思いました。
いわゆるひとつの「年越しフォーマット」になってきているのかもしれません。
来年早々に、またこのワークブックを皆さんと一緒に埋めるワークショップを開催したいと思っています。

お申込みはこちら

Year Compass(イヤーコンパス)とは

「イヤーコンパス」とは、2012年に年間計画のためのワークとしてハンガリーで生まれ、現在は22カ国語に翻訳されて世界中の人々に親しまれているワークシート・フォーマットです。今年一年をいろんな側面から振り返り、来年一年を同じくいろんな側面で目標を立てて書き込んでゆきます。多くの人は、大晦日の楽しみにしているようです。
シンプルな20ページの冊子に書いてある質問に答えていきます。たかが20ページ、されど20ページ。なかなか一年の出来事を思い出すのが難しく、資料の他に、気力と体力も必要なワークです。最低4時間は必要かな~。

こちらから言語を選んでダウンロードして、ひとりでやるのも可能です。

世界中の人々がインスタにアップした「イヤーコンパス 」を見るのも楽しいですよ!

今年のはじめに第一回目のワークショップを開催した時のこと

今年のはじめ、まだ和訳が出てない頃で、和訳から入ってデータをつくり製本し、いざ!と思ったら直前に和訳が出ました(笑)。
しかし、自分ですべて訳してみたのは良い経験でしたし、内容を心身に浸透させることができて、結果良かったかなと思っています。

本国(ハンガリー)の運営チーム、日本の和訳チームの方ともやりとりをさせていただきましたが、まだまだ説明抜きに伝わらない言葉が多いのも事実かなと思います。なんと訳せばいいものか・・・と今でも思うフレーズが頭の中に残っています。2018-2019年版はどうなってるのかな、原稿は新しくするときにしか修正しないといっていましたから、次に出るものが楽しみです。
海外の文化圏ではふつうに意識されることが多そうで、日本ではあまり考えないこととか、そういう表現や内容もあり、素朴な疑問として「なんのためにそんなこと答えるの?」「それはどう考えたらいいのかな?」となるような感覚もありました。(イヤーコンパスの内容とは違いますが、例えば「今年中に、3人の人にハグを送るなら誰?」とかそんな感じのこと)伝わりにくそうと思った点は、自分流の意訳にするかもしれませんし、それぞれのページに関連性と意図をもう少し、説明するなり追加記載できたらいいなと思っています。

この時は2017年の出来事・ニュースなどの振り返り冊子と、手帳の使い方といいますか、私はこういう風に手帳を捉えているし、楽しんでいます、ということも併せて紹介させていただきました。
その他、進路を決めるコンパスグッズとして、ペンデュラムをおまけにつけ、使い方講座も入れ込みました。

参加者からはこんなご感想をいただきました

  • 終了時には、テーマはいくつか決まり、そこからメインテーマも決まり、モチベーションも上がりました。 たくさんの質問に答えながら、 今年のテーマの優先順位をつけながら、 やるべきことがクリアに見えてきたことが、収穫でした。
  • 手帳はスケジュールだけにしか使ってませんでしたが、その日の出来事を書いておくと、振り返りや翌年の目標を立てるときに良いなと思いました!
  • 2017年の総括と今年のやりたいことが整理できてよかったです。文字にまとめることで客観視できて、後で見返せるので便利だと思います。
  • 手帳をもっと生活に役立つものにしたいと思いました。 そして、もっとアウトプットのトレーニングをせねばと・・・。

半年後にどんな調子か聞いてみました。

  • 後で振り返ってみてびっくり、書いたことが叶っていました。
  • 書いたことが何故か実現しそうなのが、とても不思議。。。
  • 全然進めていられなかった、あと半年で頑張ってみます!
  • どこに入れたっけ、探しまーす!

(笑)

自分でも一年間を通じて、ワークブックを見返して面白かったし、励みになりました。
とくに19年間、一人暮らしに連れ添ってくれたを亡くしたあとの開催で、その頃の悲しい感じも記録から感じられます。そこからここまで、心の傷跡が随分なだらかになってきたなぁとも思いますし、他愛ないことで「えっ、あれ一昨年(2017年)のことだったのか!」と時間軸が狂っていることも再発見です。
全然達成できていなくて、また持ち越しそうなこともたくさんですが、書いた中から実現できたことがあるのは嬉しいこと。自分が進んできた方向とペースがわかります。

個人的に良かったのは「パワーワード」を決めて書く項目があるのですが、なかなか思いつかない方のためにセイクリッド・オラクル・カードを引いて、それを書き込んでもらいました。

私はただ一言、「Rise」と書いてあるカードを引きました。これをコピーして手帳のはじめに貼り付け、ことある毎に見て自分を励ましました。
不死鳥のように、一度燃えおちてから再び再燃する、立ち上がるような意味合いのカードです。猫のことがありましたし、まさしくこのカードの一年でした。

改善しようと思っていること

ほとんどの方が日記や手帳をつけていません。予定はオンラインツールで管理していることが多いかと思います。
それでもGoogleカレンダー、スマホの中の写真を見返したり、誰にお世話になったのか、お世話したのか、自分のFacebookのアカウントに繋がっている人達の顔を改めてみてみたりして、ワークブックを埋めてもらいました。
その場でこの一年にあったことを思い出すのが大変なんですね。ここは人によってペースの違いが出てくる部分でした。
ですから、今年は前もって「一年間の出来事リスト」フォーマットをお渡しして、ある程度埋めてもらってから参加していただこうと思っています。

また、今年はいろいろと手を出さずに、このワークブックを埋めることに専念し、もっとシェアリングしながらできるようにしたいと思います。
オープンにするのがいやな方は、無理に聞き出さないようにしますので、ご安心いただければと思います。もともとそんな強引な勢いは持っていません、むしろ人のことは触らないようにしてしまう私ですから、シェアリングを誘導しないことのほうが心配なくらいです・・・(前回参加された方はわかると思います)。がんばります。なので、参加していただける方にも少しだけ、ご自身の過ごされる時間のことのシェアをご協力いただけましたら、幸いです。
前回の時はもともと仲の良いメンバーが揃ったこともあり「もっとシェアしたかった」というお声をいただきました。反省。

お申込みはこちら

新年早々、2019年1月12日(土)14:00~18:30、広尾エアーワークスオフィスにて行います(最寄り駅は恵比寿駅です)。終わった後は、希望者のみ参加で懇親会もございます。
下記のページからお申込みいただけます。
オフィスのテーブルで行いますので、10名様が上限となります。
興味をお持ちの方、今年一年を振り返ってまとめてみたい&来年のテーマを決めて一年を過ごしてみたい、という方はぜひ、ご参加ください。一緒に一年の棚卸しと、進路方向を見定めてゆきましょう!

お申込みはこちら

 

桑坂 碧

40,254 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧