豆がま口ペンダント、販売ラインナップ

発売情報

年内にここまではアップしたいと思っておりました。
展示会ではアクセサリーになっていない石を持ち歩きたい石好きさんと、そうでない方が半々くらいなので、「何に使えるの?」とよく聞かれました。
石を入れるんですよ~と説明たとして、ブレスレットしか持ってないわ~という方も多いです。私もそこそこ「原石よりもアクセサリー派」なので、よくわかります。ずっと身につけている形で、欲しいんですよね。
原石もセットで販売したら?といった話も出てきました。そう思い選べるように、小さな原石もいくつか仕入れるつもりでいたのですが、間に合わなかったんですーーー(涙)。最後の仕入れの機会に、各業者さんと楽しく気持ちよく話し込んでしまい、気がついたら閉店間際でした。これまでそんなことは無かったので、びっくりしました。

まぁ、それぞれにきっと楽しんでくださるから必要ないんだろう、いいんだろう・・・と思い直しました。

がま口の中に何をいれる?


さて、何が入るか、実際に入れてみました。
木彫の小地蔵様(非売品)、糸魚川翡翠の小さな岩笛(オフィスで販売中)、アクアオーラ水晶(オフィスで販売中)です。
一番うえの画像は、スターローズのスカルを入れてみました。
他に、インドの聖人のもとで修行した友人は「大切なリンガムを入れる~」と言っていました。
また別のお客様が、素敵な活用方法をブログにご紹介くださいました。その日その日に合ったチャクラストーンを入れていらっしゃいます。藤城様、ありがとうございます!!

こちらの豆がま口ペンダントの販売を準備しています

さて、ラインナップですが、商品番号が1から始まっておらず、抜けていたりします。これは展示会で売れてしまったものが無いからで、はじめにつけたままの番号にしているからです。
「番号をつけ直して売ればいいんじゃないの?」と思われそうなんですが、本当にすべてのがま口の革が、ひとつひとつ違っていまして、職人さまに解説をいただいたので、間違えないようにそのまま番号を活かしました。

以下の5点は、8,800円(税込)になります。

3:牛革、白いシンプルなクロム鞣し革です。汚れても拭けそう。
4:海外の鹿革、表面がフカフカで生き物みたいです。
5:こちらは職人さんも不明の革で、「牛革か、牛に似せた豚革かも」とのことでした。
6:なかなか厚みあるしっかりした牛革。某有名ブランド・オリジナルの革で、二度と手に入らない貴重なものだそうです。こちらは金古美金具がついてます。
9:牛革、黒いシンプルなクロム鞣し革です。厚みが薄めで、スマートな印象。

そして以下は蝦夷鹿の革で作られたがま口です。蝦夷鹿のタンニン鞣しで、こちらは貴重なもののため、9,800円(税込)になります。
右下の茶色のもののみ、金古美になります。

ペンダントの長さについては、こちらに着用画像がございますので、ご覧ください。71cmと81cmの2段階調整が可能です。

さてさて、年内最後のアップに向けて、がんばります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

関連記事一覧