• HOME
  • ブログ
  • DIARY
  • 改めて読んだら、当オフィスの「理念」に幸せのヒントがあった

改めて読んだら、当オフィスの「理念」に幸せのヒントがあった

DIARY

こんなタイトルの記事笑うしかないですが、なんだかいろんなことが通り過ぎて、残るのは「本質」「本源」とかそういうところなんだなと思いまして、なんだか突然にすみません(笑)。

誰かとの楽しい時間やどこかの風景に心洗われるようなこと、神様との交流など、感じたストーリーをそれぞれに紡いでいくその美しさが、生きる糧になるのではと考えていました。…つまり、今の打開されない状態、地域によってはひどくなる一方の状態に、心がすこし疲れて負けてしまったのです。
そして、このような状況下ですと、それら「美しいもの」はすべて幻のようなものなのでは?という思いも消えません。まだ私には幻と、本当に美しいものとの区別がつきません。だからこそ、奇跡のような圧倒的な感覚を探してしまう。でも、それでいいのだろうか?と思ってしまったんですよね。感覚が震えるようなことがなければ、幸せではないのだろうか?と。
麻痺してますねぇ~(笑)。

きっと「本当のこと」もない。
何を頼りにすればいいのかなんて問いの答えは、わかっている、「自分」しかない。
こんなにも「自分」しかないのに、どうしたらいいんだろう??

と思っていたところに、ただいまエアーワークスのサイトのリニューアル制作を裏側で進めていまして、改めて加勢先生が作った当オフィスの理念を読んだら「ああ、そういうことだよね」と安心したのと同時に、頭をシンプルに戻すことができましたので、こちらでもシェアしてみたいと思います。
なんてことない、どこにでもありそうな文章かもしれないのですが、「ド本質」のエッセンスしかないようなこのブレなさには、いつも救われます。

加勢先生って?という方もいらっしゃるかと思います。
エアーワークスというカウンセリング・オフィスでスピリチュアルカウンセリングをしているカウンセラーです。
わたくし桑坂は、もともとその受付・事務担当で仕事をはじめまして、事務傍ら、天然石販売をしたり、デザイン仕事をするようになり、現在に至ります。
加勢先生のブログサイトはこちら

幸福ってなんなのか。どうあれば幸せなのか。
何を見失わず、何を見い出せばいいのか。

以下、加勢先生の理念です。カウンセリングのことを念頭に書かれています。
↓ ↓ ↓

本来の魂を目覚めさせる

人は「心・体・霊」の3バランスから、核となる魂を形成しています。
本来宿している魂を目覚めさせるには、それら3つの均衡を保たなければなりません。
三位一体である、トリニティーバランスの均衡を保ち向上させることが「本当の魂を覚醒させ、現世での目的を見出す」ための条件なのです。
この形は、当オフィスのロゴマークにもなっております。

心は、創造性を生み出すための原動力であり、
体は、自らの意思力を具現化させるための器であり、
霊性は、存在の理由を司る源泉の現れである。

心は水で在り、容量を伴う器がなければこぼれ落ちてしまうだけ
体は地で在り、容積を満たすだけの潤いが無ければ枯れてしまうだけ
それらを等しく保つには、存在の証しとなる霊性との同調を忘れぬこと。

均衡のとれた三位一体を意識することが、本来の魂を目覚めさせる術なのです。

本当の豊かさを取り戻す

人生で得るべき本当の豊かさとは、一体どのようなものだと思いますか?

それは、何不自由のない生活のことでしょうか?
――――― 必要以上の財は、不必要な人間関係を招く原因となるものです。

それは、ココロ満たすような人生観を送ることでしょうか?
――――― カタチを伴わない思いは、とても脆く壊れやすいものなのです。

それは、誰にも勝る強大なチカラというものなのでしょうか?
――――― 強大なチカラには、その反動に耐えうる気持ちが必要です。

大きなチカラこそ、その存在に振り回されることのない
しっかりとした、魂の本質を磨いておくことが必要なのです。

自然界そのものもまた、エレメント(火・地・風・水)という4つのバランスから
自浄作用を起こしながら、淀みのない自然な流れを保っています。

3つのバランスを整え、4つのテーマを身につけることが
自然界から得られる、もっとも尊い学びといえるでしょう。

本当の幸運と呼ぶ

育みの中には、不自然なモノを退ける習性が宿っています。
買い足したり、継ぎ足したりするだけでは、ひと時の流れしか、変えられるものではありません。
絶え間ない自然な流れをつくるには、淀みない本質の自分に気づくしかないのです。
そんな本来の魂に近づくことこそが、本当の幸福と呼べることなのです。

ひとりひとり、ひとつひとつの存在には、必ず存在している理由があるのです。

豊かな森を保つには、根の強い苗木がひとつでも多く必要です。
苗木が強い根を張るには、それぞれが豊かな土壌を支え合うしかありません。
全てが連鎖していなければ、汚れのない源泉もいつかは枯れてしまうものです。

ひとりひとりの魂と本質で向き合い、淀みのない精神性に気づいていただくことが
これからの時代の土壌を清め、本当に豊かな未来に結びつくと確信しています。

個々の幸福観を高め連なることが、豊かな未来を築くためのヴィジョンとします。

↑ ↑ ↑
ここまで

 

いかがでしたでしょうか。
これが書かれた当初から今まで、あまり深く読んでなくて(なんてこった!!)、「ふーん、まぁそうだよね」としか思っていなかったんですよね。
たしか震災や天災があった後に、書かれた文章だったんじゃなかったかと思います。
今、とても身にしみます。なぜだろう(笑)。すこしは成長できたのかしら。

加勢先生の話は、万人向けではありません。
「10人いれば、10通りの答えがある」ということなので、ブログのように万人に向けて同じことを書くのは、本来は難しいのだといいます。書籍の企画やテレビ出演のオファーなども、そのあたりが難しくて実現していません。
なので上記の豊かさについての文章でも、「これくらいであることが豊かです」という数値や程度については書かれておらず、それぞれに合った全体バランスを取ることとなっています。

私と同じく、どなたかの幸せの指針になれば幸いです~。

桑坂 碧

147,813 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧