初期レムリアンと2019レムリアン比較

石の話

ぱっと見た瞬間、「質感がすごく似てる、やっとレムリアンシードらしいのが出てきたのかな」と期待しました。
実際、すごく純粋で硬質な感じがします。

初期レムリアンシードと並べてみると、そういえばいつの間にか、色のことが外付け条件となっていたことに気づきました。
「うっすらとピンク色がかっている」ということも、初期の頃はレムリアンシードである条件だったんですよね。それがいつの間にか「ピンクレムリアン」というものが新しく出てきたかのように、条件が分割されてしまったような流れになっています。

初期レムリアンシードは、カトリーナ・ラファエルさんのところでクリスタルヒーリングを勉強していた時に手にしました。
それを加勢先生に見てもらったところ、「あまり興味がわかない。個性がない。ふつうの水晶(ブラジル産のこと)の方が面白い」というような冷たいコメントをいただきました(笑)。たしかにこの頃のレムリアンシードは「すーーーん」と静かすぎて、良く言えば静謐、そして(本当にそのままの意味で)ツール的な無機質さがあります。レムリアンのツンはいまだデレず。でも好き。
初期レムリアンの丸球は小さいものを持っていますが、こちらもカトリーナさんのところで購入したもので、高かった、、、、ほんとにほんとにクリアなんですけどね。やっぱりこちらもツンです。でもきれい。
ポイントは2本持っていまして、「これぞ私のレムリアン」と思っていない方のポイント(ごめん)のほうが、ショップでよく働いてくれています。不思議なものです。

そんなツンなレムリアンシードにツンな加勢先生も「これはいいな」と何度も言いまして、私自身もこのポイントはいいなと思いましたから、今回の原石は仕入れを決めました。かなり珍しい動きですね。
もともとは他に「ルーツ」があったので、私がそちらに興味があったんですけどね。「ルーツ」は絶対ご紹介したいと思っていました。
産地はどうあれ「ルーツ」ということに興味がありました。以前に石関係の大先輩からいただいたものなのですが、その時も「これは珍しいから」と聞きました。たしかにその後、私が見落としているだけかもしれませんが、仕入れ先で見たり聞いたりはしませんでした。

こちらが私物のもので、普通のブラジル産水晶のものです。クリアさもあり良い石だと思います。とても優しい、控えめ。控えめすぎて「この石をお守りにしよう」と波長が合わないと、ぜんぜんピンとこない時も多いです。活躍の場が限られているのかもしれませんが、それでもいつもすごく優しいんですよね~~。。。。
加勢先生のイベント開催などで自分が裏方に回る時や、「絆」といったキーワードで心を支えないとやっていけないような事態の時、みんなの幸せを願う時、次世代を考える時に、その姿を見せてくれる石だと思っています。存在が感動的です。

さて、2019年ツーソンで出回りはじめたこの新しいレムリアンシードは、明日(6/14)20時に発売です。
どうぞお愉しみに。。。

今週末の6月15日(土)は月に一回のクリスタルセレクトです。
このレムリアンシードクリスタル以外にも、たくさん仕入れてきたものがありますので、ぜひぜひ。久々に、ぜひとも手にしていただきたいクリスタルが登場します。オンラインでも次にご紹介できればと準備を進めています。メルマガではちろっと名前を出しちゃってます(あと1時間後くらいに配信)。お愉しみに~!

| クリスタルセレクト(店舗販売日・完全予約制)のお知らせ

月に一回、開催しております。一日三組限定で、下記の時間帯にて、実際にオンライン上で販売中の石や、オンラインには出ていない石も手に取ってごらんいただけます。 ブレスレットのフィッティングもさせていただきます。 ※ご参加はオンラインショップ・ワイオリの会員様に限らせていただいております。会員登録はこちら

時間枠

詳細とお申込みはこちら

関連記事一覧