モリオン、マニハール水晶、ハーキマーダイヤモンドのワイヤーペンダント

発売情報

ヒマラヤ方面の石ハーキマーのワイヤーペンダントをご紹介です。
モリオンが2点、マニハール水晶とハーキマーダイヤモンドが1点ずつです。ワイヤーはすべて14KGPとなります。
このアーティストの方のこの種類ばかり仕入れてますが、他の石のものも作られているんですよ。私がなぜかこう、白黒はっきりしたものを仕入れてしまいます。

モリオン水晶

チベット産モリオンになります。
モリオンの面白い情報についてはこちらを御覧ください。


ただ、今回入荷した2点はガサガサ面とツルツル面がわかりにくいです。

グラウディング・エネルギーと、ネガティブさを寄せ付けないお守りとされる水晶で、とても強いクリスタルのため、きつく感じる方もいらっしゃいます。
これらのモリオン水晶は光は透過しません。
バランスを取るために合わせて白い光の強めなクリスタル(透明)をどこかに身に着けても良いと思います。


こちらは長めのポイントのペンダントトップです。よーく見ると表面の凸凹の細かい光が七色に写っています。上のほうがキラキラが強いかな、これは写真の偶然で、実物はそういうふうに見えるわけではありません。
細かいところまで結晶がきれいので、細かく強い光を反射しているんだと思います。
形状はとてもきれいにまっすぐで、先端がタビュラーになっています。タビュラーは2つの極をひとつに統合する、2つのものの間をつなぐのによい形状です。
上から見ると、少し平らなきれいな六角形になっているポイントです。


こちらは小さめ、先端に雪がつもっているような白い結晶がついています。上部にもあります。
それにしても、ワイヤーの脇に写っている虹色のものに、撮った写真を見ているときに気づきました。はじめは「油?アルコールのにじみ?」と思いましたが、拭いても取れませんでした。
表面近くに入った虹かもです。肉眼では見づらく、ルーペで見るとよくわかります。

モリオン原石の虹ってこんなふうに見えるんですね~!
同じような部分がこの画像で見て上になっている面(ペンダントとしてつけたら表面か裏面か)にも、見られました。

というわけで、10倍ルーペを通して撮ってみました。


こちらが白い結晶近く、側面の虹です。


こちらが、表面(もしくは裏面)の虹です。

長い方の結晶にもないのかな、とルーペで探したら、一箇所青いものがありました。

小さいですが、青~緑っぽく変色しています。

もしかすると今まで販売した中にも、こういったものがあるかもしれません。
肉眼ではわかりにくいので、ぜひルーペで見てみてください。

マニハール水晶

きれいな結晶は年々少なくなっている、マニハール水晶です。マニハールはヒマラヤ水晶の産地のひとつで、国はインドになります。
今回のポイントはクローライトの淡い緑色のファントムが入っています。
根本だけかなと思っていたら、先端近くにもファントムがありました。下の写真でご覧いただけますでしょうか。

下のファントムを撮ると上が見えなくて、上を撮ると下が見えないという。。。
先端の形状が面白い結晶なので、とくに上は見づらいです。全体的に透明度がすごいのですが、このファントムがうっすら入っているので、画像ではこのカリッとしたクリアさが伝わりにくいと思います。
動画でなんとかなるといいな。。。

ハーキマーダイヤモンド

とても美しいハーキマーダイヤモンドです。
上部に小さな青い光が写っていますが、その部分はクラックになっており、虹が出ています。大丈夫だとは思いますが、できる限りの衝撃を避けるため、こちら側を肌にして着けたほうがいいかなと思います。
ややスモーキーでとても輝きが強いです。中にインクルージョンは少し入っています。
ハーキマーには意思(個性、個の意識)の強いものがあるなと思っているのですが、これはその部類に入るように感じます。
また、結晶の形に対するワイヤーの這わせ方がとても美しいです。それだけ見ていても時間を過ごせそうな一点です。

どれもキリッとした美しさのある、不思議に個性ある石たちです。
発売に向けて作業を進めますね。

桑坂 碧

297,012 views

目に見えないものが普通に認められるようになってきたこの時世に、その時々に少しずつ変わっていく大切なことを逃さず、楽しみ、好きなものに手を伸ばし、書き残してい...

プロフィール

関連記事一覧